鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



石清水社・石清水井
〜京都:石清水八幡宮〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石清水社


 石清水八幡宮は、男山に湧き出す清水を神として祀ったことが起こりと伝えられ、859年(貞観元年)に行教が宇佐神宮を勧請し、石清水八幡宮と称したことに始まる。

 その名称は、以前から男山に建立されていた石清水寺からきている。

 摂社・石清水社の社前から湧き出る「石清水」は、厳冬にも凍らず大旱にも涸れない霊泉。

 古くから本宮で行われる祈祷には、この霊泉が献供され、現在でも年間100余の祭典には、早朝に汲み上げられた「石清水」が献供されているという。





石清水社
石清水社


石清水井
石清水井
石清水井
石清水井


 社前の石造神明鳥居は、その刻銘から1636年(寛永13年)に京都所司代・板倉重宗の寄進したことが判明している。

 石清水八幡宮境内に完全な形で残る鳥居のうちでは最古のもの。

 銘文は、松花堂昭乗によるもの。











石清水八幡宮
石清水八幡宮

 石清水八幡宮は源氏の氏神として信仰され、源頼朝も上洛の折に参詣している。
 現在も「やわたのはちまんさん」として親しまれている。


八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分



石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索