鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



景清塚
〜京都:石清水八幡宮〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石清水八幡宮景清塚


 平氏の侍大将平景清には、1195年(建久6年)、東大寺大仏殿落慶供養に参列するため上洛した源頼朝を暗殺しようと企てて捕らえられたという伝説が残されている。

 一説には、石清水八幡宮を参拝した頼朝を狙ったともいわれている。

 景清塚は、表参道と石清水社の分岐点にあって、かつてこの場所では、「夏越の祓」と「年越の祓」が行われていたという。


東大寺転害門
転害門
(東大寺)
景清窟
景清窟
(鎌倉)

 東大寺の転害門は、大仏殿落慶供養に参列した源頼朝を暗殺するため、景清が隠れていたという門。

 鎌倉には捕らえられた景清が幽閉されたという牢跡が鎌倉七口の一つ仮粧坂に残されている。


頼朝暗殺を企てた平景清の伝説





〜清水寺の爪形観音〜

 清水寺随求堂前に置かれた石灯籠の中には、源頼朝を暗殺しようとして捕らえられた平景清が自らの爪で彫ったという千手観音像が祀ってあるという。


清水寺随求堂
爪形観音
(清水寺・随求堂)


源頼朝を暗殺しようとした平景清の伝説(okadoのブログ)











石清水八幡宮
石清水八幡宮

 石清水八幡宮は源氏の氏神として信仰され、源頼朝も上洛の折に参詣している。
 現在も「やわたのはちまんさん」として親しまれている。


八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分



石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索