鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



松花堂跡
京都:石清水八幡宮

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







松花堂跡


 石清水八幡宮の宿坊・泉坊(男山四十八坊の一つ)があった場所。

 松花堂は、1637年(寛永14年)に石清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗が晩年に構えた草庵。

 昭乗は、書道家、画家、茶道家として知られた文化人で、寛永の三筆にも数えられた。

 明治の神仏分離によって、泉坊と松花堂は女郎花(八幡市)へ移築された。

 十字の仕切りのある弁当箱を使用する松花堂弁当は、昭乗の名に由来しているという。











石清水八幡宮
石清水八幡宮

 石清水八幡宮は源氏の氏神として信仰され、源頼朝も上洛の折に参詣している。
 現在も「やわたのはちまんさん」として親しまれている。


八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分





石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索