鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



頓 宮
京都:石清水八幡宮

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石清水八幡宮頓宮


 石清水八幡宮の頓宮(とんぐう)は、1868年(慶応4年)の鳥羽伏見の戦いで焼失したため、男山四十八坊の一つ「岩本坊」の神殿を移築して仮宮としていた。

 現在の社殿は1915年(大正4年)に造営されたもの。

 南門は、もと男山山上の南総門だった建物を1939年(昭和14年)に移築。

 頓宮とは、仮の宮という意味。9月15日に行われる「勅祭石清水祭」では、本殿より御神霊が遷される御旅所となる。





石清水八幡宮頓宮
回廊

頓宮北門
北門
頓宮南門
南門


石清水八幡宮・五輪塔
五輪塔

 頓宮西側にある巨大五輪塔は、高さ6メートルで日本最大級の石塔(国の重要文化財)。











石清水八幡宮
石清水八幡宮

 石清水八幡宮は源氏の氏神として信仰され、源頼朝も上洛の折に参詣している。
 現在も「やわたのはちまんさん」として親しまれている。


八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分



石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索