鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



一の鳥居
京都:石清水八幡宮

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石清水八幡宮一の鳥居


 石清水八幡宮の表参道入口の「一ノ鳥居」は、高さ約9m、最大幅約11mの石造鳥居。

 当初の鳥居は木製だったが、1636年(寛永13年)、松花堂昭乗の発案によって花崗岩製のものに造り替えられた。

 掲げられている「八幡宮」の額は、一条天皇の勅により藤原行成が書いたものを、のちに1619年(元和5年)、松花堂昭乗が行成の筆跡のとおりに書写したものだという。

 「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けている独特のもの。


石清水二の鳥居
二の鳥居
石清水八幡宮三の鳥居
三の鳥居





石清水一の鳥居
一の鳥居の額
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

 八幡信仰では「鳩」は神の使い。

 行教が宇佐八幡宮を勧請するときも鳩が案内してくれたのだという。











石清水八幡宮
石清水八幡宮

 石清水八幡宮は源氏の氏神として信仰され、源頼朝も上洛の折に参詣している。
 現在も「やわたのはちまんさん」として親しまれている。


八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分



石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索