鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都男山
石清水八幡宮


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石清水八幡宮


 石清水八幡宮は、京都盆地南西、木津川・宇治川・桂川の合流点近くの男山(鳩ヶ峰)の山上に鎮座する。

 859年(貞観元年)、豊前国の宇佐神宮(現:大分県)に籠もった南都大安寺の僧・行教が、「吾れは都の近くの男山に移座して国家を鎮護したい」という八幡神のお告げをうけて勧請したのがそのはじまり。

 京都の裏鬼門を守護する神社として朝廷・公家・武家の尊崇を集め、とくに源氏は氏神として信仰し、源義家は石清水八幡宮で元服して「八幡太郎義家」を名乗った。

 源頼義源頼朝によって勧請された鎌倉の鶴岡八幡宮をはじめ、各地に八幡宮が勧請されている。

 今日でも「やわたのはちまんさん」として多くの信仰を集める。


中御前

応神天皇
(おうじんてんのう)

誉田別尊
(ほんだわけのみこと)

西御前

比淘蜷_
(ひめおおかみ)

多紀理毘賣命
(たぎりびめのみこと)
市寸島姫命
(いちきしまひめのみこと)
多岐津比賣命
(たぎつひめのみこと)

東御前

神功皇后
(じんぐうこうごう)

息長帯比賣命
(おきながたらしひめのみこと)





石清水八幡宮鳥居
一の鳥居
石清水八幡宮頓宮
頓宮
(本殿御神霊の御旅所)

高良神社
高良神社
(仁和寺の法師の伝説)
石清水八幡宮・五輪塔
五輪塔
(航海記念塔)

頼朝松
頼朝松
(源頼朝ゆかりの松)
石清水八幡宮・安居橋
放生川の安居橋
(石清水祭の舞台)

景清塚
景清塚
松花堂跡
松花堂跡

石清水社
石清水社・石清水井
石清水八幡宮三の鳥居
三の鳥居と一ッ石


石清水八幡宮南総門
南総門
石清水八幡宮
社殿



エジソン記念碑
エジソン記念碑
谷崎潤一郎文学碑
谷崎潤一郎文学碑







〜石清水八幡宮と鶴岡八幡宮〜

 1063年(康平6年)、源頼義が前九年の役の勝利に感謝するため、鎌倉の由比郷に石清水八幡宮を勧請し、由比若宮を創建した。

 その後の1180年(治承4年)、源氏再興の挙兵を果たして鎌倉に入った源頼朝は、先祖頼義が創建した由比若宮を小林郷に遷座した。

 それが現在の鶴岡八幡宮の始まり。

 しかし、頼朝が崇敬した鶴岡八幡宮は、1191年(建久2年)に焼失してしまう。

 頼朝は、すぐさま再建に取りかかり、その年末には新たな社が創建された。

 頼朝は、京より伶人を招いて、石清水八幡宮の神霊を迎える儀式を行っている(参考:御鎮座記念祭)。


鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮


〜八幡大菩薩と清水観音に救われた頼朝と常盤の子たち〜

 1159年(平治元年)の平治の乱後、源義朝の側室常盤御前は、今若(阿野全成)、乙若(源義円)、源義経(牛若)連れて幼少の頃より信仰していた清水寺に参り、千手観音(子安塔)に三人の子の無事を祈願したという。

 『平治物語』(学習院本)には、常盤と三人の子が助けられたのは清水観音の力によるもので、源頼朝が死罪を免れて伊豆蛭ヶ小島に流罪となったのは八幡大菩薩(石清水八幡宮)の力によるものだと述べられている。


清水寺
清水寺



〜清和源氏と源頼信の告文〜

 石清水八幡宮に伝えられてきた「源頼信告文」(写)によると、頼信の祖父経基は、陽成天皇の子元平親王の子だという。

 これが事実だとすると頼信の子孫源頼朝は、清和源氏ではなく陽成源氏だということになる(参考:六孫王神社(清和源氏発祥の宮))。


六孫王神社
六孫王神社


源頼朝は清和源氏ではないのか・・・(okadoのブログ)



〜「仁和寺にある法師」の伝説
(『徒然草』)


 仁和寺のある法師が、かねてからの念願だった石清水八幡宮に参詣したときのこと。

 法師は、麓の極楽寺や高良神社に参詣して、石清水八幡宮とはこれだけのものかと思って帰ってしまった。

 帰った後、仲間の僧に・・・

「念願の石清水八幡宮に詣でることができた。前々から聞いていたのにも増して尊いものだった。
 ただ、参詣者が山へ登っていったのは何事かあったのだろうか。私も見たいと思ったが神に参拝することが目的であったので、山までは登らなかった」

 と語ったのだという。


仁和寺
仁和寺







石清水八幡宮
石清水八幡宮

八幡市八幡高坊30

京阪「八幡市駅」から男山ケーブルで3分



石清水八幡宮境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索