奈良・京都

千体石仏群
京都:清水寺


岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







清水寺千体石仏群


 成就院参道の右手にある石仏群。

 地蔵菩薩、観音菩薩、阿弥陀如来、大日如来、釈迦如来などの石仏が立ち並んでいる。

 その一部は、かつて京都の各町内に祀られていた地蔵尊で、明治の神仏分離の際に、寺に運び込まれたものだという。






歴史めぐり源頼朝



清水寺
リンクボタン清水寺

 清水の舞台で知られる清水寺。西国観音霊場の第十六番札所。
 源頼朝は、三歳のときに清水寺から下された二寸銀の聖観音像を守り本尊とし、1180年(治承4年)の挙兵の際には、髷の中に納めていたという(参考:鎌倉・源頼朝墓)。


京都市東山区清水1−294






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり