鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



王城鎮護の東寺と西寺
〜京都〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







〜王城鎮護の「東寺」と「西寺」〜

東寺
東寺
西寺跡
西寺跡


 東寺西寺は、平安京の南の玄関口にあたる羅城門を挟んで左右対称に配置され、東西を守る王城鎮護の官寺として創建された。


〜平安京の南の玄関口と平安京の正門〜

羅城門跡
羅城門跡
朱雀門跡
朱雀門跡


 平安京の朱雀大路の南端に建てられた羅城門は、980年(天元3年)に倒壊した後再建されず、王城鎮護の東寺西寺も平安末からの源平の争いで衰退の途を辿っていた。

 鎌倉時代になると源頼朝は、東寺の再興を文覚に命じている。

 西寺は、建久年間に五重塔の修理を行ったというが、その塔も1233年(天福元年)に焼失して廃絶したという。


霊石不動
不動堂明王院
神泉苑
神泉苑












奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索