鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



南都焼討と
東大寺・興福寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 1180年(治承4年)、以仁王の挙兵によって平氏打倒の気運が高まり、8月には伊豆国に流されていた源頼朝が挙兵(参考:源頼朝の挙兵)。

 一方、平清盛は、全国で反平氏勢力の蜂起が続く中、東大寺興福寺の反平氏勢力を一掃するため、五男重衡を南都に向かわせ、12月28日には「南都焼討」を決行した。


東大寺
東大寺
興福寺
興福寺


東大寺の大仏
奈良の大仏


 源頼朝は、東大寺大仏の鋳造、大仏殿の造営に多大な協力をし、1195年(建久6年)に上洛して、大仏殿の落慶供養に参列している(参考:南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜)。

 その折、東大寺の鎮守手向山八幡宮から、鶴岡八幡宮に伝えられている「菩薩面」を贈られたという。


手向山八幡宮
手向山八幡宮
(東大寺の鎮守)
春日大社
春日大社
(藤原氏の氏神)








奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索