鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



園城寺(三井寺)
〜滋賀大津〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







園城寺


 園城寺は、天台寺門宗の総本山。

 山号は長等山(ながらさん)。

 686年(朱鳥元年)、壬申の乱で敗れた大友皇子の子・大友与多王が、天武天皇の許可を得て創建。

 一般的に三井寺(みいでら)と呼ばれ、天智天皇・天武天皇・持統天皇の誕生の際に産湯に用いられた霊泉があることから「御井の寺」と呼ばれていたことによるのだという。

 貞観年間(859−877)、智証大師円珍(ちしょうだいしえんちん)が天台別院として中興。

 東大寺興福寺延暦寺とともに「本朝四箇大寺(しかたいじ)」の一つに数えられるようになる。

 しかし、円珍の死後の993年(正暦4年)、円珍門流と慈覚大師円仁門流の対立が激化。

 天台宗は延暦寺は山門、三井寺は寺門と称して二分されたのだという。

  全身が黄色の不動明王立像の仏画「黄不動」は、高野山明王院の赤不動、京都青蓮院の青不動とともに三不動に数えられる(国宝)。





〜壬申の乱〜

 園城寺のある大津は、667年(天智天皇6年)、天智天皇の近江大津京があった所。

 671年(天智天皇10年)、天智天皇が崩御すると、大友皇子(天智天皇の子)と大海人皇子(天智天皇の弟)が皇位継承問題で対立。

 翌年に壬申の乱が勃発。

 大海人皇子が勝利し、翌673年(天武天皇2年)、飛鳥浄御原に遷都して即位した(天武天皇)。


〜園城寺と源氏〜

 1051年(永承6年)、前九年の役に出陣する源頼義が戦勝を祈願。

 頼義の三男・義光新羅善神堂で元服した。

 1159年(平治元年)の平治の乱で敗れた源義朝の子・義円は園城寺で出家。

 1180年(治承4年)、源頼政とともに平家打倒の兵を挙げた後白河法皇の皇子・以仁王が一時難を逃れた寺でもあった。

 鎌倉に武家政権を築いた源頼朝も園城寺を保護し、1182年(寿永元年)、円暁を鶴岡八幡宮の別当に任命。

 頼朝亡き後の1214年(建保元年)、延暦寺に焼かれた園城寺の再建に尽力したのは北条政子だったのだという。

 2代将軍源頼家の子・公暁が修行したのも園城寺だった。


『吾妻鏡』・『社務職次第』
からみる頼朝と円暁。


後三条院 源義家
 
輔仁親王 為義
行恵 ――― 義朝
円暁 頼朝

源為義を源義家の子とする説をとると、頼朝と円暁は従兄弟。





園城寺境内
園城寺境内の建物・施設等







園城寺
園城寺

滋賀県大津市園城寺町246

京阪電鉄石山坂本線三井寺駅より徒歩10分
別所駅より徒歩12分
JR西日本東海道本線(琵琶湖線)大津駅より
京阪バス三井寺バス停下車
JR西日本湖西線大津京駅より京阪バス三井寺バス停下車



奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索