奈良・京都

平安京の羅城門

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







羅城門


 羅城門は、かつて朱雀大路(平安京のメインストリート)の南端に建てられていた大門(北端には朱雀門があった。)。

 平安京の表玄関にあたる門で、9間5戸の重層門だったという。

 東西には門を守護するための東寺西寺(廃寺)が置かれ、この門が京の内外との境となっていた。

 816年(弘仁7年)に大風により倒壊。

 その後再建されたが980年(天元3年)の暴風で再び倒壊し、以後は再建されなかった。

 東寺毘沙門堂に安置されていた「兜跋毘沙門天像」(現在は東寺宝物館に安置)や京都国立博物館に寄託されている「三彩鬼瓦」は羅城門にあったものと伝えられている。

 上の画像は、京都駅前に設置された復元模型。





羅城門の東西に配置された東寺と西寺

東寺(教王護国寺)
リンクボタン東寺
西寺跡
リンクボタン西寺跡


身代わり地蔵
矢取地蔵
リンクボタン矢取地蔵
平安宮の門
朱雀門跡
リンクボタン朱雀門跡

矢取地蔵は、東寺弘法大師(空海)と西寺の守敏僧都の伝説が残された地蔵尊。







〜平将門の反乱と羅城門〜

 939年(天慶2年)、東国で平将門の反乱を起こすと、羅城門の上層には都の守護神として兜跋毘沙門天が安置された。

 東寺に伝えられている国宝の兜跋毘沙門天像がそれなのだとか・・・


東寺毘沙門堂
リンクボタン毘沙門堂
(東寺)



羅城門
リンクボタン京都駅の復元模型


〜小説『羅生門』によれば・・・〜

 芥川龍之介の『羅生門』は、平安時代に衰微していた「羅城門」の様子とともに、人間の利己主義を描いた小説。

 『羅生門』という題名は、人間の「生」を意識して「羅城門」を「羅生門」としたのだと考えられている。

 芥川は、荒廃した羅城門の上層の様子を・・・

 「その中には裸の屍骸と、服を着た屍骸とがあると云う事である。

 勿論、中には女も男もまじっているらしい。

 そうして、その屍骸は皆、それが、嘗(かつて)、生きていた人間だと云う事実さえ疑われる程、土を捏(こ)ねて造った人形のように、口を開いたり手を延ばしたりして、ごろごろ床の上にころがっていた」

 と描いている。


小説『羅生門』(okadoのブログ)



平安神宮
リンクボタン平安神宮

 平安神宮は、1895年(明治28年)に、平安遷都1100年を記念して平安京の大内裏の正庁が8分の5の規模で復元されたもの。





羅城門跡
羅城門跡碑

京都市南区唐橋羅城門町花園児童公園内

JR京都駅八条口から徒歩20分
近鉄「近鉄東寺駅」下車徒歩15分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり