鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:六波羅蜜寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







京都:六波羅蜜寺


 六波羅蜜寺は、醍醐天皇第二皇子光勝空也上人によって963年(応和3年)に開かれた西光寺を前身としている。

 真言宗智山派の寺院で山号は補陀洛山。

 秘仏本尊の十一面観音は国宝で、12年に一度開帳されている。西国三十三箇所第十七番札所。

 平安時代の後期になると、平忠盛以来、清盛・重盛と続く平家一門の屋敷が建ち並び、その数は5200余りに及んだという。

 1183年(寿永2年)、没落した平氏が都を落ちる際には、その兵火で諸堂が焼失し本堂のみが残された。源頼朝は、その再興修復を助勢している。

 鎌倉時代には、この付近に六波羅探題が置かれていた。

 相次ぐ兵火によって焼失を繰り返した六波羅蜜寺は、その都度修復され、江戸時代まではいくつもの伽藍が連なっていたというが、明治の神仏分離によって荒廃。

 現在の本堂は1363年(貞治2年)の修営(重要文化財)。



六道の辻
六道の辻

 六波羅蜜寺付近は、鳥辺野(とりべの)という埋葬地の入口に位置していたことから、「六道の辻」と呼ばれ、近くには、あの世とこの世の境目に建つという「六道珍皇寺」や六道の辻地蔵尊と呼ばれる「西福寺」がある。





空也上人像:六波羅蜜寺
空也

 念仏を唱えながら諸国を行脚し、橋を架け、井戸を掘るなどの社会事業を行った僧。

 鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、躍りながら念仏を唱える「踊躍念仏」(ゆやくねんぶつ)の祖といわれている。

 鎌倉時代に時宗を開いた一編が始めた「躍り念仏」は、尊敬する空也に倣ったものといわれている。

 六波羅蜜寺に伝わる「空也上人立像」は、疫病が蔓延していた京の街中を、空也が鉦(かね)を鳴らし、念仏を唱えながら悪疫退散を祈りつつ歩くさまを表現したもので、運慶の四男康勝の作(重要文化財)。

 念仏を唱える空也の口から吐き出された六体の阿弥陀は、「南無阿弥陀仏」の六文字を表現しているという。


ひとたびも 南無阿弥陀仏と いふ人の

はちすの上に のぼらぬはなし  空也



平清盛坐像:六波羅蜜寺
平清盛坐像
鎌倉時代:重要文化財


運慶坐像:六波羅蜜寺
運慶坐像
鎌倉時代
重要文化財
湛慶坐像:六波羅蜜寺
湛慶坐像
鎌倉時代
重要文化財


 湛慶は運慶の長男。
 三十三間堂の本尊千手観音坐像は湛慶の作。







地蔵菩薩坐像:六波羅蜜寺
地蔵菩薩坐像

 「夢見地蔵」と呼ばれる運慶作と伝えられる仏像で、運慶一族の菩提寺だった地蔵十輪院から移されたとものとされている。

 鎌倉時代:重要文化財。

 鎌倉:浄智寺地蔵菩薩坐像は、この像に姿形が似ているといわれている。


地蔵菩薩立像:六波羅蜜寺
地蔵菩薩立像

 定朝の作と伝えられ、左手に毛髪を握っているため「鬘掛地蔵」と呼ばれている。
 平安時代:重要文化財。

 伝説によると・・・

 地蔵菩薩を信心していた貧しい女が母の葬儀も出せないでいると、見知らぬ僧が現れ、ねんごろに回向し、墓に葬ってくれた。

 貧しい女は、お布施のかわりに母の鬘を渡した。

 忌が明けて地蔵菩薩を参拝すると、左手にはあの時の僧に渡した鬘が握られていたという。



阿古屋塚:六波羅蜜寺
阿古屋塚
平清盛塚:六波羅蜜寺
平清盛塚



〜弁財天(都七福神)〜

 六波羅蜜寺の弁財天は、日本最古という「都七福神」の一つ。

 他の神は、ゑびす(ゑびす神社)、大黒天(松ヶ崎大黒天)、毘沙門天(東寺)、福禄寿(赤山禅院)、寿老神(革堂)、布袋尊(萬福寺


都七福神:弁財天
都七福神
銭洗い弁財天:六波羅蜜寺
銭洗い弁財天







京都:六波羅蜜寺
六波羅蜜寺

京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町

京阪「清水五条駅」から徒歩5分
JR京都駅から市内循環バス「清水道」下車徒歩5分。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索