鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:六孫王神社
清和源氏発祥の宮

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







六孫王神社


 六孫王神社は、清和天皇の第六皇子貞純親王の子で、六孫王と呼ばれた源経基を祭神としている神社。

 経基は、961年(応和元年)、臨終に際して「霊魂滅するとも龍(神)となり西八条の池に住みて子孫の繁栄を祈るゆえにこの地に葬れ」と遺言したという。

 これを受けた子の満仲が963年(応和3年)に墓所を建て、その前に社殿を造営したのが六孫王神社のはじまりという。

 社地は、経基の八条亭があった所。

 多田神社(兵庫県川西市)、壺井八幡宮(大阪府羽曳野市)とともに「源氏三神社」の一つとされている。



〜清和源氏の祖源経基〜

経基
清和源氏経基流の祖

満仲
多田源氏の祖

頼光
摂津源氏の祖

頼国

頼綱

仲政

頼政
以仁王と挙兵

頼信
河内源氏の祖

頼義

義家

義忠※

為義

義朝

源頼朝

 義家を相続したのは義忠といわれるが、暗殺されたため為義が棟梁と称した。


 源経基は、清和天皇の六男貞純親王の子。天皇の六男の子であり、天皇の孫であることから「六孫王」と呼ばれていたという。

 15歳で元服し「源」の姓を賜った。

 ただし、石清水八幡宮に伝わってきた「源頼信告文」によると、経基は陽成天皇の子元平親王の子となっているという。


源頼朝は清和源氏ではないのか・・・(okadoのブログ)





〜神龍池の誕生水弁財天社〜

 満仲誕生の折、井戸上に琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、安産を祈願し産湯に使ったと伝えられる。

 ※6月13日弁財天御開帳祭

六孫王神社



〜大通寺と六孫王神社〜

 六孫王神社は、鎌倉時代には、源実朝の妻本覚尼(坊門信子)がこの地に建てた遍照心院(大通寺)の鎮守社とされた。

 その後、戦乱などにより社殿を失い、経基の墓所だけが残されていたが、江戸時代になり、徳川五代将軍綱吉の宝永年間に、現在の本殿・拝殿が再建されている。


大通寺
大通寺


明治に入ると大通寺は神仏分離によって切り離され、1911年(明治44年)には旧国鉄用地となったため移転している。







〜河内源氏ゆかりの史跡〜

壺井八幡宮
壺井八幡宮
(羽曳野市)
源頼義の墓
源氏三代の墓
(羽曳野市)







六孫王神社
六孫王神社

京都市南区壬生通八条角

JR京都駅から徒歩13分
市バス17系統「六孫王神社前」からすぐ







奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索