鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:慈照寺銀閣

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







銀閣(慈照寺観音殿)
観音殿


 銀閣寺の正式名称は「慈照寺」。

 京都五山第二位の相国寺の境外塔頭。

 1482年(文明14年)、室町幕府八代将軍の足利義政は、祖父足利義満の山荘「北山殿」にならい、隠棲生活を過ごすために山荘「東山殿」を造営した。

 それが慈照寺の始まり。

 義政の死後、禅寺となり義政の法号「慈照院殿」から慈照寺と名付けられた。

 開山は夢窓国師

 俗称の「銀閣寺」は、北山の「金閣寺」に対するもので、江戸時代からそう呼ばれるようになったのだという。

 観音殿は、鹿苑寺舎利殿(金閣)を模して造られたもの。


 夢窓国師は、慈照寺が創建されるより100年以上も前の1351年(観応2年/正平6年)に没しているが、勧請開山(名目上の開山)として迎えられている。


参考:鎌倉御家人「足利氏」



銀閣寺総門
総門
銀閣寺垣
銀閣寺垣


東山文化

 足利義政の時代の文化は、武家、公家、禅僧らの文化が融合したもので「東山文化」と呼ばれている。

 慈照寺の観音殿(銀閣)はその東山文化を代表するもの。







銀閣寺庭園
庭園

 観音殿前の錦鏡池(きんきょうち)を中心とする庭園は国の特別史跡であり特別名勝。


銀沙灘
銀沙灘

銀閣寺向月台
向月台

 夢窓国師作庭の西芳寺庭園を模したもので、「銀沙灘」(ぎんしゃだん)、「向月台」(こうげつだい)が配された室町時代を代表する庭園。

 ただし、江戸時代に改修され造営当時の面影は残されていないともいわれる。



銀閣寺方丈
方丈

 寛永年間(1624〜44)の建築といわれ、本尊は釈迦牟尼仏。

 内部の襖絵は、池大雅と与謝蕪村によるもの。



銀閣寺東求堂
東求堂(とうぐどう)

 1486年(文明18年)に建立された足利義政の持仏堂で、現存する最古の書院造の建築物(国宝)。

 内部には、四畳半の書斎(同仁斎)があり、草庵茶室の源流といわれ、四畳半の間取りの始まりだという。



お茶の井 お茶の井
お茶の井
(義政お茶用の湧水)

銀閣寺庭園
庭園
銀閣寺庭園
庭園





慈照寺銀閣
慈照寺

京都市左京区銀閣寺町2

市バス「銀閣寺道」






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索