鎌倉手帳(寺社散策)

大庭景親の拠点 大庭城址
(藤沢市)

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







大庭城址
大庭城跡の碑

 大庭城跡は、大庭景親の居館跡とされてきた(下記※印参照)。

 景親は、平安時代末に鎌倉権五郎景政が開発した大庭御厨の経営を行っていたこの地方の有力豪族。

 1180年(治承4年)、源頼朝挙兵すると平氏方につき、石橋山の戦いで頼朝を撃破したが、頼朝が安房(源頼朝上陸地)に渡り、東国武士団を従えて鎌倉入りを果たすと、平氏軍に合流しようとするが、頼朝軍に阻まれ河村山に逃れた。

 富士川の戦いで平維盛が敗走すると降伏し、上総介広常に預けられ、片瀬で処刑された。 


 大庭城址は長らく大庭氏の居城とされてきたが、発掘調査の結果、室町、戦国時代の城郭跡と判明したという。

 景親の兄・景義は、頼朝に従い、鎌倉御家人として仕えている。
 (参考:懐島城址(神明大神宮)


明暗を分けた大庭兄弟(景義と景親)〜石橋山の戦い〜(okadoのブログ)


宗賢院
リンクボタン宗賢院

 大庭景親の居館は、大庭城址南方の宗賢院の裏側あたりの台地にあったのではないかと考えられている。



〜大庭御厨(おおばのみくりや)〜

 鎌倉権五郎景政が開発し、伊勢神宮に寄進した荘園。

 大庭城址のから茅ヶ崎へ至る平地は、当時の一等地であった。

 古くより大きな集落があったものと考えられている。


大庭御厨
リンクボタン大庭御厨





大庭城址


 大庭城の本格的な築城は、扇谷上杉家の定正に仕えた太田道灌が行ったとされている。

 その後、北条早雲によって攻略され小田原北条氏の支配下に置かれた。

 (参考:舟地蔵の伝説)。

 小田原北条氏が豊臣秀吉によって滅ぼされると廃城となる。

 現在は、大庭城址公園として整備されている。


大庭城址



懐島城址
リンクボタン懐島城址
(茅ヶ崎市)
俣野観音堂
リンクボタン俣野観音堂
(横浜市戸塚区)

景親の兄景義の館址と、景親の弟俣野景久が領した俣野郷の観音堂。


リンクボタン相模の武将「大庭氏」



大庭神社
リンクボタン大庭城址周辺の歴史散策







歴史めぐり源頼朝



大庭城址
大庭城址

JR藤沢駅北口発
 「湘南台駅西口」または「湘南ライフタウン」行き
「大庭小学校前」下車



〜大庭城址周辺MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉検定 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ