鎌倉手帳(寺社散策)

道元鎌倉御行化
顕彰碑


岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







道元顕彰碑


 道元鎌倉御行化顕彰碑は、鶴岡八幡宮の西の鳥居を出て、小袋坂方面へ向ったところにある。

 我が国曹洞宗の開祖・道元は、中国(宋)に渡り、「正伝の仏法」を伝えた。

 『正法眼蔵』を著す。

 鎌倉幕府御家人の波多野義重の助けをかり、越前に永平寺を建立(参考:波多野城址)。

 五代執権北条時頼に招かれ、半年間鎌倉に滞在(1248年(宝治2年)〜1249年(宝治3年))したが、時頼の寺院建立の要請は断った。

 碑には「只管打坐(しかんたざ)」と彫られている。





道元
道元

 道元の禅は、ただひたすら坐禅すること(只管打坐)にある。

 坐禅に打ち込むことが修行であると主張した。

 著書『正法眼蔵』は、87巻にも及ぶもので、日本における曹洞禅の神髄が書かれている。


建仁寺道元禅師修行の遺跡
道元禅師修行の遺跡
(京都建仁寺)

 道元は比叡山で出家後、京都建仁寺の明全に師事。

 明全とともに宋に渡って修行した。

 建仁寺開山堂前には「道元禅師修行の遺跡」がある。











道元顕彰碑
道元鎌倉御行化顕彰碑

鶴岡八幡宮西

鎌倉駅東口から徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索