鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



荏柄天神社
=怒り天神=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







荏柄天神社


 荏柄天神社は、源頼朝が鎌倉に入るより前からある古い神社で、1104年(長治元年)の創建と伝わる。

 荏柄山天満宮とも称され、鎌倉幕府の鬼門の守護神でもあった。

 京都の「北野天満宮」、福岡の「太宰府天満宮」とともに日本三天神の一つに数えられている。

 1590年(天正18年)、小田原北条氏を攻め、関東を統一した豊臣秀吉も参拝し、徳川家康に命じて社殿の造営を命じたという。

 本殿は、鶴岡八幡宮造営の余った木材で修理を繰り返し、鎌倉最古の木造建築として残されている(国重文)。


祭神

菅原道真
八雲大神(須佐男尊)


荏柄天神社の初詣





荏柄天神社
境内の建築物・施設等
(荏柄天神社の境内をご案内)
境内MAP掲載



荏柄天神社

 『相模國鎌倉荏柄山天満宮略縁起』によれば、1104年(長治元年)8月25日、荏草郷といわれた土地に、にわかにかき曇った天から天神画像が降ってきた。

 神験を恐れた里の人々は、その場所に社殿を建て、画像の降り立った地を踏むことのないように銀杏の木を植えて御神木としたという。

 今も境内にそびえる大銀杏は、鶴岡八幡宮の大銀杏に次ぐ大きさ。

 「木造天神坐像」、「木造天神立像」は、憤怒の表情をしていることから「怒り天神」と呼ばれている(鎌倉国宝館に寄託)。


 残念なことですが、鶴岡八幡宮の大銀杏は、平成22年3月10日未明に倒れてしまいました(参考:鶴岡八幡宮の大銀杏)。


荏柄天神社
菅原道真



荏柄天神社筆供養
鶴岡八幡宮の主な祭事・行事
荏柄天神社:古代青軸
花・景色



〜伝説・歴史〜

歌ノ橋
伝説:歌ノ橋
魔の淵地蔵
魔の淵の地蔵

荏柄天神社
和田胤長邸跡
関取場跡
関取場










日本遺産・いざ、鎌倉



荏柄天神社
荏柄天神社


鎌倉市二階堂74
0467−25−1772

鎌倉駅から「大塔宮」行バス「天神前」下車



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索