鎌倉手帳(寺社散策)

畠山重忠邸跡碑

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







畠山重忠邸跡碑


 畠山重忠邸跡の石碑は、鶴岡八幡宮流鏑馬馬場の東の鳥居を出たところに建てられている。

 『吾妻鏡』の建久10年(1199年)の条には、「畠山次郎重忠の南御門宅」とある。

 畠山重忠は、源頼朝に仕えた武将。

 頼朝挙兵時には大庭景親に従ったが、間もなく頼朝に従い、頼朝の鎌倉入りでは先陣を勤めた。

 宇治川の合戦では、おぼれかけた大串重親を岸にほうり投げたといい、一ノ谷の合戦のひよどり越えでは、愛馬を背負っておりたという伝説が残る。

 段葛の造営や佐助稲荷神社の建設に力を尽くしたが、頼朝死後、北条時政に騙され武蔵国二俣川(横浜市旭区)で最期を遂げる。

(参考:畠山重忠の乱 畠山重忠殺害と北条氏の世代交替)。





 畠山重忠邸には、1199年(正治元年)5月、頼朝の二女三幡が病気にかかったときに京都から呼び寄せられた名医丹波時長が滞在していたといわれている。

 時長は、当初、亀ヶ谷の中原親能の邸に滞在したが、三幡のいる御所まで遠いことから、重忠邸を滞在場所としたのだという。


岩船地蔵堂
岩船地蔵堂



 畠山重忠は、武蔵国(現埼玉県)の武将。

 1180年(治承4年)の源頼朝挙兵時には平家方の大庭景親につき、三浦大介義明と戦って義明を自刃に追い込んだが、頼朝が安房(源頼朝上陸地)に渡って勢力を蓄えるとその軍に従った(参考:衣笠城址 小坪合戦と衣笠合戦)。

 頼朝の信頼を得、段葛佐助稲荷神社の造営を任された。

 永福寺跡造営の際には、庭に据えるための大きな石を一人で運んだという伝説が残されている)。

 源義経の愛妾静が鶴岡八幡宮若宮回廊において、頼朝に舞を披露した際には、工藤祐経が鼓を、重忠が銅拍子を担当した(静の舞〜鎌倉と静御前)。

 頼朝の死後の1205年(元久2年)、北条時政に騙され、領地から鎌倉に赴く途中、武蔵国二俣川(現在の横浜市旭区)で討死した。

 旭区には、時政軍が一万の兵であったことから「万騎が原」という地名が残されている。


=畠山重忠館跡=

畠山重忠像
生誕地
(深谷市)

菅谷館跡
菅谷館
(嵐山町)


源頼朝大軍を率いて鎌倉入り(okadoのブログ)

北条時政という武将(okadoのブログ)







=畠山重忠終焉の地=
(横浜市旭区)

畠山重忠終焉の地
重忠終焉の地
畠山重忠首塚
首塚

畠山重忠首洗い井戸
首洗い井戸
薬王寺
六ツ塚

駕籠塚
駕籠塚
(重忠内室の墓)
畠山重忠公遺烈碑
遺烈碑



赤糸威大鎧
赤糸威大鎧
(模造)

 鎌倉歴史文化交流館に展示されている大鎧は、「鎌倉武士の鑑」と呼ばれた畠山重忠が武蔵御嶽神社に奉納したもの。









畠山重保の墓
畠山重保の墓

 鶴岡八幡宮大鳥居(一の鳥居)の傍らにある宝篋院塔は、重忠の子重保の墓とされている。

 1205年(元久2年)6月22日早朝、三浦義村の手によって討ち取られた(参考:若宮大路の歴史散策)。



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索