鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



鶴岡八幡宮本宮
(上宮)


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







鶴岡八幡宮上宮楼門
本宮(上宮)の楼門


 1180年(治承4年)、鎌倉に入った源頼朝が遷座した鶴岡八幡宮は、1191年(建久2年)3月4日の鎌倉大火によって焼失してしまう。

 しかし、頼朝はすぐさま鶴岡八幡宮の再建に取りかかり、若宮の再建とともに本宮(上宮)を造営し、1191年(建久2年)11月21日、改めて京の石清水八幡宮の祭神を勧請した。

 本宮は、町で起こった火災から防ぐため、大臣山の中腹を削り造営されたと考えられている。

 毎年、12月16日に行われている「御鎮座記念祭」は、頼朝が催した石清水八幡宮の「神霊を迎える儀式」(遷宮の儀)を再現したもの。

 現在の本宮は、1828年(文政11年)、江戸幕府十一将軍徳川家斉の命により水野忠成を奉行として竣工したもの。

 1923年(大正12年)の関東大震災で倒潰したが修造された(国重文)。


本宮祭神

応神天皇(おうじんてんのう)
比売神(ひめがみ)
神功皇后(じんぐうこうごう)





〜八幡神〜

 祭神の応神天皇は「八幡神」と呼ばれる。

 仏教保護の神として「八幡大菩薩」という神号が与えられた。

 神功皇后は応神天皇の母。

 全国で八幡神を祀る神社の数は、稲荷神社に次ぐ。

 八幡神社の総本社は宇佐八幡宮(大分県)。 


伊勢神宮遥拝所
宇佐神宮遙拝所


 羽曳野市の応神天皇陵の南に鎮座する誉田八幡宮は、日本最古の八幡宮と称される神社。

 国宝の塵地螺鈿金銅装神輿は、源頼朝の寄進。


石清水八幡宮
石清水八幡宮
(京都)
壺井八幡宮
誉田八幡宮
(羽曳野市)







〜楼門前からの眺め〜

 1289年(正応2年)に鎌倉を訪れた後深草院二条は、その著書『とはずがたり』に「海をはるかに見渡すことができるので、石清水八幡宮より見どころがある」と書いている。

 若宮大路一の鳥居の先には海が見える。


若宮大路
若宮大路


〜鳩が描かれた額〜

 楼門に掲げられた額の「八」の字は、神聖な神の使いとされている二羽の鳩で表現されている。

 石清水八幡宮大鳥居にも同じ額が掲げられている。


八幡宮の額
楼門の額



〜大石段と大銀杏〜

鶴岡八幡宮
大石段と本宮


 1219年(建保7年)1月27日、右大臣拝賀を終えた三代将軍源実朝は、大石段にさしかかった所で甥の公暁に襲われたのだという(参考:源実朝の暗殺)。

 その公暁が隠れていたのが大銀杏だったという伝説も残されている。


大銀杏
大銀杏



鶴岡八幡宮本宮回廊
回廊

 本宮(上宮)は、広い回廊が巡らされているのが特徴。

 かつては、若宮にも回廊が巡らされていた。

 現在、この回廊には神輿7基(本宮3基・若宮4基)が安置され、鶴岡八幡宮古神宝が陳列された宝物殿としても利用されている。

 本宮の神輿3基は、9月の神幸祭二の鳥居まで渡御する。


〜本宮神輿〜

鶴岡八幡宮神輿
応神天皇
鶴岡八幡宮神輿
比売神

鶴岡八幡宮神輿
神功皇后


鶴岡八幡宮の神輿



okadoのブログ

建久2年の鎌倉大火・・・鶴岡八幡宮が灰燼と化す

御鎮座記念祭


武家の古都・鎌倉









鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索