鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



鶴岡八幡宮の歴史

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)、源頼義が由比郷鶴岡に石清水八幡宮を勧請したのをはじまりとし、1180年(治承4年)、源頼朝が小林郷北山に遷した。

 源頼朝の街づくりは、鶴岡八幡宮を中心に行われた。


鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮



1063年(康平6年)8月

 源頼義石清水八幡宮を鎌倉由比郷鶴岡に勧請(由比若宮

石清水八幡宮
石清水八幡宮
由比若宮
由比若宮
(鶴岡若宮)


1081年(永保元年)2月

 源義家由比若宮の社殿を修復


1180年(治承4年)10月

 源頼朝が由比郷の由比若宮を小林郷に遷座

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮


1181年(養和元年)5月

 本格的社殿の造営


1182年(寿永元年)3月

 参道若宮大路段葛)の造営開始
 4月には苑池源平池の造営開始

段葛
段葛
(若宮大路)
源平池
源平池


1182年(寿永元年)9月

 円暁が初代別当に就任


1186年(文治2年)4月

 静御前が若宮回廊で舞う

静の舞
静の舞
静桜
静桜


1186年(文治2年)8月

 源頼朝が西行と出会う


1187年(文治3年)8月

 源頼朝放生会を行い、流鏑馬が奉納される

鶴岡八幡宮例大祭
例大祭
流鏑馬
流鏑馬

鶴岡八幡宮の例大祭は、この年の放生会を起源としている


1189年(文治5年)3月

 源頼朝が亡き母由良御前のために五重塔を建て始める


1191年(建久2年)3月

 小町大路で出火 社殿焼失


1191年(建久2年)11月

 鶴岡八幡宮再建 改めて石清水八幡宮を勧請

石清水八幡宮
石清水八幡宮
御鎮座記念祭
御鎮座記念祭

この年の再建で、現在のような上宮と下宮の上下両宮の姿となった


1192年(建久3年)7月

 鶴岡八幡宮西廊で源頼朝の征夷大将軍の辞令の伝達


1208年(承元2年)12月

 神宮寺が創建される 本尊は薬師如来像

銅造薬師如来坐像
銅造薬師如来像


1217年(建保5年)6月

 公暁(源頼家の子)が四代別当に就任


1219年(建保7年)1月

 公暁が源実朝を暗殺

大銀杏
大銀杏
源実朝像
源実朝の暗殺


1241年(仁治2年)2月

 大鳥居内の拝殿が津波により流失

一の鳥居
一の鳥居


1266年(文永3年)9月

 裸形弁財天が舞楽院に奉納される

鶴岡八幡宮弁財天
裸弁財天


1280年(弘安3年)11月

 火災により上宮、末社などが焼失 翌年12月に再建


1313年(正和2年)5月

 鎌倉幕府が六か条の禁制


1315年(正和4年)3月

 若宮、別当坊が焼失 翌年11月に再建


1333年(元弘3年)5月

 鎌倉幕府滅亡 十七代別当有助は東勝寺で自害







1386年(至徳3年)11月

 足利氏満が六か条の禁制


1434年(永享6年)3月

 足利持氏が血書願文を奉納


1526年(大永6年)11月

 里見実堯の来襲 諸堂が炎上

玉縄首塚
玉縄首塚
勝山城址
里見氏の鎌倉来襲


1540年(天文9年)11月

 北条氏綱が再建


1590年(天正18年)7月

 豊臣秀吉が参拝

源頼朝像
伝源頼朝像
白旗神社
白旗神社


 この年、豊臣秀吉は、小田原城を落城させ後北条氏を滅ぼした。

 その後、奥州へ向かう途中で鶴岡八幡宮を参詣している。

 そのときに秀吉が見たという源頼朝像は、白旗神社に安置されていたといわれ、現在は東京国立博物館が所蔵しているものだといわれている。


鶴岡文庫の模型
鶴岡文庫の模型

 1591年(天正19年)、豊臣秀吉が作らせた「鶴岡八幡宮修営目論見絵図」(鶴岡八幡宮指図)による模型。


1593年(文禄2年)

 徳川家康が五院を再興させ十二院とする
(参考:二十五坊


鶴岡八幡宮若宮
若宮

徳川二代将軍秀忠による造営(国重文)。


鶴岡八幡宮上宮
上宮(本宮)

徳川十一代将軍家斉による造営(国重文)。









鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索