鎌倉手帳(寺社散策)

鶴岡八幡宮例大祭 長谷の灯かり



鶴岡八幡宮
〜鎌倉の中心鶴岡八幡宮〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







鶴岡八幡宮


 鶴岡八幡宮は、源頼朝が鎌倉に幕府を開く100年以上も前の1063年(康平6年)に、頼朝の先祖源頼義が「源氏の氏神」である京都の「石清水八幡宮」を由比郷鶴岡に勧請したがその始まり(由比若宮(鶴岡若宮)。

 1180年(治承4年)、鎌倉に入った源頼朝は、由比若宮を小林郷北山(現在の地)に遷して「鶴岡八幡宮新宮若宮」とし、武家の都市づくりの中心に据えた。

 伊豆山権現の住僧專光坊良暹が仮の別当に任じられている。

 1191年(建久2年)、火災によって焼失するが、頼朝は、若宮を再建するとともに、大臣山の中腹に上宮(本宮)を新造し、今日の姿(上下両宮)となる。


石清水八幡宮
石清水八幡宮
(源氏の氏神)


頼朝の鶴岡八幡宮創建

鶴岡八幡宮の歴史(年表)

御鎮座記念祭



〜武門の神〜

 鶴岡八幡宮は、鎌倉幕府滅亡後も「武門の神」として足利氏、後北条氏、豊臣氏、徳川氏に崇敬された。

 越後の虎と呼ばれた長尾景虎(上杉謙信)は、1561年(永禄4年)、関東管領上杉憲政(山内上杉家)から上杉の家督と関東管領職を相続し、鶴岡八幡宮で拝賀式を行っている。

上杉謙信
上杉謙信


〜鶴岡八幡宮の別当〜

 源頼朝は、初代別当に園城寺の円暁を任命した。鶴岡八幡宮の社務職次第によれば、「母は六条判官為義の女」とあることから、頼朝の従兄弟ということになる。

 その後、尊暁・帝暁・公暁(源頼家の子)・慶幸と園城寺関係者から登用されたが、六代目の定豪からは東寺系の別当も就任するようなり、十九代頼仲以降は東寺系でしめられるようになった。





境内の建築物・施設等
鶴岡八幡宮
(鶴岡八幡宮の境内をご案内)

 由比ヶ浜まで続く若宮大路から鶴岡八幡宮裏の二十五坊跡まで、鶴岡八幡宮の歴史遺物等をご紹介。


鶴岡八幡宮の主な祭事・行事
(古式ゆかしい神事などをご紹介)

古神宝類
(鶴岡八幡宮の宝物)

花・景色
(鶴岡八幡宮の季節の花・景色)







〜源頼朝と鶴岡八幡宮と東大寺〜

東大寺大仏
東大寺の大仏
(奈良の大仏)
東大寺大仏殿
東大寺大仏殿

 南都焼討によって焼失した東大寺の再建には、源頼朝も積極的な助勢を行った。

 以後、鎌倉と東大寺の関係は深まり、鶴岡八幡宮の別当を勤めた定豪が東大寺の別当に就いたこともあったという。


菩薩面
菩薩面
(手向山八幡宮)

 鶴岡八幡宮の菩薩面は、源頼朝東大寺大仏殿の落慶供養に参列した際、手向山八幡宮から贈られたものと伝えられている(鎌倉国宝館)。


南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜



〜源実朝の暗殺と大銀杏〜

 1219年(建保7年)正月27日、三代将軍源実朝は、鶴岡八幡宮で行われた右大臣拝賀式後に甥の公暁によって暗殺された。

 樹齢1000年を超えるともいわれる大銀杏は、公暁が隠れていたという伝説の木。


大銀杏
大銀杏

 大銀杏は、平成22年3月10日未明に倒れてしまいました。現在、再生に向けて努力されています。


 大銀杏再生の記録



〜鶴岡八幡宮の神霊と建長寺・円覚寺〜

 建長寺開山の蘭渓道隆と、円覚寺開山の無学祖元の伝説・・・

建長寺庭園
建長寺庭園
円覚寺白鷺池
円覚寺庭園



〜神仏混淆の宗教施設〜

 鶴岡八幡宮は、明治維新を迎えるまでは神仏混淆の宗教施設で「鶴岡八幡宮寺」と呼ばれていた。

 境内には、薬師堂、鐘楼などの仏教施設があったが、明治の神仏分離によって仏教施設は悉く廃除されてしまう。

 大門とも呼ばれていた仁王門もその一つで、「鶴岡山」という額が掲げられてあったという。

 幸いにして、安置されていた仁王像だけはその難を免れ、現在、壽福寺に安置されている。

 扇ヶ谷の浄光明寺には、神仏分離以前まで代々神主を勤めた大伴家の墓地が残されている。

薬師如来
銅造薬師如来像

神宮寺の本尊だったという銅造薬師如来像鎌倉国宝館に寄託)。


浅草寺本堂
浅草寺

かつて、浅草寺二天門に安置されていたのは、鶴岡八幡宮の経蔵にあった二天だったという。


神仏分離と鶴岡八幡宮(okadoのブログ)



武家の古都・鎌倉


日本遺産・いざ、鎌倉


鶴岡八幡宮の初詣

湘南三社詣

童謡・唱歌「鎌倉」に歌われた社






歴史めぐり源頼朝



若宮大路
鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

秋の鎌倉 流鏑馬

カスタム検索