鎌倉手帳(寺社散策)

鶴岡八幡宮
〜鎌倉の中心鶴岡八幡宮〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







鶴岡八幡宮


 鶴岡八幡宮は、源頼朝が鎌倉に幕府を開く100年以上も前の1063年(康平6年)に、頼朝の先祖源頼義が「源氏の氏神」である京都の「石清水八幡宮」を由比郷鶴岡に勧請したがその始まり(由比若宮(鶴岡若宮))。

 1180年(治承4年)、鎌倉に入った源頼朝は、由比若宮を小林郷北山(現在の地)に遷して「鶴岡八幡宮新宮若宮」とし、武家の都市づくりの中心に据えた。

 1191年(建久2年)、火災によって焼失するが、頼朝は、若宮を再建するとともに、大臣山の中腹に上宮(本宮)を新造し、今日の姿(上下両宮)となる。

 鎌倉幕府滅亡後も「武門の神」として足利氏、後北条氏、豊臣氏、徳川氏に崇敬された。


石清水八幡宮
リンク石清水八幡宮
(源氏の氏神)
元八幡
鎌倉由比若宮
(元八幡)


鎌倉頼朝の鶴岡八幡宮創建

鎌倉鶴岡八幡宮の歴史(年表)

鎌倉御鎮座記念祭



境内の建築物・施設等
鶴岡八幡宮
(鶴岡八幡宮の境内をご案内)

 由比ヶ浜まで続く若宮大路から鶴岡八幡宮裏の二十五坊跡まで、鶴岡八幡宮の歴史遺物等をご紹介。


鶴岡八幡宮の主な祭事・行事
(古式ゆかしい神事などをご紹介)

鶴岡八幡宮の古神宝類
(鶴岡八幡宮の宝物)

鶴岡八幡宮の花・景色
(鶴岡八幡宮の季節の花・景色)







鶴岡八幡宮の別当
 源頼朝は、鶴岡八幡宮の初代別当に園城寺(三井寺)のの円暁を任命。

神仏混淆の宗教施設
 かつての鶴岡八幡宮は神仏混淆の宗教施設だった。

源頼朝と鶴岡八幡宮と東大寺
 平重衡の南都焼討で焼失した東大寺の再建に尽力した源頼朝。
 鶴岡八幡宮に伝わる舞楽面・菩薩面は東大寺鎮守八幡宮から贈られたもの。

御神木の大銀杏
 樹齢1000年を超えるともいわれた大銀杏は、2010年(平成22年)3月10日未明に倒れてしまいましたが、現在は、移植された根と幹から芽が吹き、大きく成長している。

鶴岡八幡宮の神霊と建長寺・円覚寺
 建長寺開山の蘭渓道隆と円覚寺開山の無学祖元には、鶴岡八幡宮の神霊との伝説が残されている。

上杉謙信の拝賀式
 越後の虎と呼ばれた長尾景虎(上杉謙信)は、1561年(永禄4年)、関東管領上杉憲政(山内上杉家)から上杉の家督と関東管領職を相続し、鶴岡八幡宮で拝賀式を行っている。

源頼朝の遺髪
 横浜市戸塚区にある平戸白旗神社には、鶴岡八幡宮の供僧坊の一つ相承院から送られたという「頼朝の遺髪」が伝えられている。







武家の古都・鎌倉


日本遺産・いざ、鎌倉


鎌倉鶴岡八幡宮の初詣

鎌倉湘南三社詣

鎌倉童謡・唱歌「鎌倉」に歌われた社



源頼朝をめぐる鎌倉
(鶴岡八幡宮・勝長寿院・永福寺)

源頼朝をめぐる鎌倉
(源頼朝ゆかりの神社・仏閣・史跡など)

歴史めぐり源頼朝
(誕生から最期までの歴史)



若宮大路
鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

かまくら「長谷の市」 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ