鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝と鶴岡八幡宮

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







〜源頼義による由比若宮の創建〜

 1063年(康平6年)、源頼義が平直方から寄進された鎌倉の地に京都の石清水八幡宮を勧請した。

 それが材木座にある由比若宮(元八幡)


由比若宮
リンクボタン由比若宮





〜源頼朝と鶴岡八幡宮〜


1180年(治承4年)

 鎌倉に入った源頼朝が由比の鶴岡若宮(元八幡)を小林郷北山(現在の地)に遷して鶴岡八幡宮新宮若宮とし、武家の都市づくりの中心に据えた。


1181年(養和元年)

 本格的な社殿を造営。

 浅草から大工が呼び寄せられる。

リンクボタン大工の馬事件


1182年(寿永元年)

 参道若宮大路の造営。神池(源平池)の造営。

段葛
リンクボタン段葛
鶴岡八幡宮源平池
リンクボタン源平池


1187年(文治3年)

 流鏑馬馬場の造営。 

流鏑馬馬場
リンクボタン流鏑馬馬場
流鏑馬
リンクボタン流鏑馬


1189年(文治5年)

 五重塔の創建。

リンクボタン鶴岡八幡宮の五重塔


1191年(建久2年)

 火災により焼失。

 同年、改めて石清水八幡宮の祭神が勧請され、上宮(本宮)と下宮(若宮)の上下両宮の姿となった。

 これらの建物には広い回廊がめぐらされていた。

石清水八幡宮
リンクボタン石清水八幡宮
御鎮座記念祭
リンクボタン御鎮座記念祭


1193年(文治5年)

 舞殿(下拝殿)の創建。

鶴岡八幡宮舞殿
リンクボタン舞殿(下拝殿)







鶴岡文庫の模型
鶴岡文庫の模型

 1591年(天正19年)、豊臣秀吉が作らせた「鶴岡八幡宮修営目論見絵図」(鶴岡八幡宮指図)による模型。





歴史めぐり源頼朝



鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

かまくら「長谷の市」 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ