鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



大江広元・毛利季光・
島津忠久の墓


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







大江・毛利・島津の墓


 源頼朝墓の東側の山の中腹に並ぶ三つの「やぐら」は、中央が大江広元、左がその子で毛利氏の祖となる毛利季光、右が源頼朝の子ともいわれる島津忠久の墓。

 島津氏と毛利氏は、祖先を顕彰するため、源頼朝墓のそばに墓を設けたものと考えられる。


(※北条義時法華堂跡の上)





=大江広元墓=

大江広元の墓

 大江広元は、源頼朝の政務の側近として「政所別当(長官)」を務めた人物。

 この墓は、1823年(文政6年)、長州藩によって建てられたもの。

 十二所にも大江広元のものと伝わる墓がある(伝大江広元墓)。 


十二所にある大江広元の史跡

大江広元邸址
大江広元邸跡碑
伝大江広元墓
伝大江広元墓



=毛利季光墓=

毛利季光墓

 毛利季光は、大江広元の四男。

 三浦泰村の妹を妻とし、宝治合戦では三浦方につき、三浦一族と共に源頼朝法華堂で自刃した。

 季光の娘は北条時頼の正室となっていたが、戦後離別したという。

 季光の墓は、1921年(大正10年)、鶴岡八幡宮西側の鶯ヶ谷の山にあったものが移されたといわれている。


毛利発祥の地碑
毛利氏発祥の地碑

 厚木市下古沢の三島神社は、毛利季光の屋敷跡の一画だと伝えられている。
 季光の四男経光は、宝治合戦後も生き残り、その子孫が戦国時代に中国地方を制覇した毛利元就を生んだ。


毛利の一文字三ツ星
一文字三つ星

 法華堂跡では、毛利氏の家紋「一文字三つ星」を見ることができる。



=島津忠久墓=

島津忠久墓墓

 島津忠久は、九州島津氏の祖で、源頼朝の子ではないかとされているが定かではない。

 江戸時代には、島津藩主や家臣が墓参したという。

 現在の墓は、1779年(安永8年)に修造されたもので、源頼朝の墓とともに島津重豪が整備したもの。


源頼朝御落胤伝説

厚木:小町神社
小町神社
(厚木市)
懐嶋山の碑
懐嶋の碑
(茅ヶ崎市)



村田清風歌碑
村田清風句碑

 北条義時法華堂跡の下にある村田清風句碑。

 清風は長州藩士。毛利氏の小姓として仕え、藩政改革に手腕を発揮した。 











法華堂跡碑
法華堂跡

鎌倉市西御門2丁目

鎌倉駅東口より徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント

カスタム検索