鎌倉手帳(寺社散策)

法華堂跡

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







源頼朝公法華堂の旧跡碑


 「法華堂跡」は、大倉幕府跡の裏山にある源頼朝墓を中心とする史跡。

 「法華堂」とは、1189年(文治5年)、源頼朝が聖観音像を本尊として建立した持仏堂のことで、1191年(建久2年)には、文覚に命じて京都で描かせた阿弥陀三尊像が掛けられた。

 平治の乱源頼朝が帯びていたという源氏重代の太刀「髭切」(ひげきり)も持仏堂に納められていたという(現在は京都の北野天満宮の所蔵(一条戻橋の伝説))。

 持仏堂は、頼朝の死後「法華堂」と呼ばれるようになり、現在、源頼朝墓が建てられている場所が法華堂の跡だといわれている。

 『吾妻鏡』によれば、本尊の聖観音像は、頼朝が京都の清水寺から下されたもので、挙兵の際、髷の中に納めていたものだという(参考:しとどの窟)。

 源頼朝墓の東の山腹には、頼朝の片腕として貢献した大江広元、その子毛利季光、頼朝の子ともいわれる島津忠久の墓があり、その下の平場は、2005年(平成17年)に行われた発掘調査の結果、北条義時の法華堂跡ではないかと考えられている。

 宝治合戦で滅亡した三浦泰村一族のものといわれる「やぐら」も残されている。


写真をクリック

源頼朝墓
源頼朝墓
白旗神社
白旗神社

北条義時法華堂跡
北条義時法華堂跡
三浦一族の墓
三浦泰村一族の墓

大江・毛利・島津の墓
大江広元・毛利季光・島津忠久の墓








〜源頼朝の御所跡〜

大倉幕府址
大倉幕府跡

 鎌倉幕府のうち、頼朝頼家実朝の源氏3代と北条政子が政務を執った場所を「大倉幕府」と呼んでいる。

 現在の清泉小学校の周辺が大倉幕府の跡で、源頼朝墓の下一帯がいわゆる「鎌倉幕府」であった。

 三代執権北条泰時は、1225年(嘉禄元年)、大倉幕府を宇津宮辻子に移したので「宇津宮辻子幕府」と呼ばれ、1236年(嘉禎2年)には若宮大路に移したため「若宮大路幕府」と呼ばれた。


〜源頼朝の遺髪〜

平戸白旗神社
平戸白旗神社
源頼朝の遺髪
源頼朝の遺髪

 横浜の東戸塚にある平戸白旗神社には、法華堂に納められていた源頼朝の遺髪のうち三筋が送られたのだという。











源頼朝公法華堂の旧跡碑
法華堂跡

鎌倉市西御門2丁目

鎌倉駅東口より徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント

カスタム検索