鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:長谷寺のアジサイ 鎌倉:長谷寺のアジサイ



鎌 倉 宮
=悲運の皇子護良親王=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







鎌倉宮


 鎌倉宮は、1869年(明治2年)、明治天皇によって護良親王を祀るために建てられた。

 長い歴史において、この鎌倉宮が唯一「天皇自らが創建」した神社。

 祭神の護良親王は、「建武の新政」を行なった後醍醐天皇の皇子。

 親王は、楠木正成らとともに鎌倉幕府打倒を目指して戦い、幕府滅亡後には征夷大将軍に任ぜられたが、1334年(建武元年)11月15日、武家政権を狙う足利尊氏と対立し、この地にあった東光寺に幽閉されてしまう。

 翌1335年(建武2年)、十四代執権北条高時の子北条時行が反乱(中先代の乱)を起こした際、足利尊氏の弟の直義によって殺害された。

 境内には、親王が幽閉されていたとされる土牢が残されている。

 殺害された親王の首は、廃寺となった理智光寺の住職によって葬られたのだと伝えられ、理智光寺跡には親王の墓がある。


祭神 大塔宮護良親王


〜大塔宮〜

 護良親王は、11歳で比叡山延暦寺の大塔に入室したことから「大塔宮」(おおとうのみや)と呼ばれた。鎌倉宮も「大塔宮」と呼ばれている。





護良親王
祭神護良親王
鎌倉宮村上社
南方社と村上社

鎌倉宮土牢
護良親王幽閉の土牢

鎌倉宮首塚
構廟(御首塚)
多宝塔
多宝塔

理智光寺跡
理智光寺跡
護良親王の墓
護良親王墓







鎌倉宮役割り石
厄割り石

 「かわらけ」に息を吹きかけ「厄割り石」に投げつけて割ると厄払いになるといわれる。
 厄割り石は拝殿前と大鳥居横の2箇所に設けられている。

古くより行われる「かわらけ投げ」は、厄よけなどの願いをかけて、素焼きの酒杯や皿を投げるもので、京都・神護寺が発祥の地とされる。



〜護良親王の妹・・・用堂尼〜

 東慶寺第五世の用堂尼は、護良親王の妹。
 護良親王の菩提を弔うために東慶寺に入ったのだといわれている。

 江戸時代には、護良親王土牢理智光寺東慶寺に管理されていた。
 東慶寺には、護良親王の幼名「尊雲法親王」が書かれた位牌が祀られている。



〜護良親王の子・・・日叡〜

 妙法寺の中興開山となった日叡は、護良親王と南の方との間に誕生。
 妙法寺の裏山には護良親王と南の方の墓が建てられている。



鎌倉宮節分祭
節分祭
伊豆の頼朝
伊豆の頼朝

鎌倉宮草鹿
草鹿
5月5日
鎌倉宮アジサイ
アジサイ

鎌倉薪能
鎌倉薪能
(10月上旬)
鎌倉宮獅子頭
獅子頭(お守り)


鎌倉宮の初詣と獅子頭

湘南三社詣

童謡・唱歌「鎌倉」に歌われた社


日本遺産・いざ、鎌倉






鎌倉宮
鎌倉宮

鎌倉市二階堂154
0467−22−0318

鎌倉駅から大塔宮行バス終点下車



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江ノ電でアジサイ 鎌倉のアジサイ

カスタム検索