鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:長谷寺のアジサイ 鎌倉:長谷寺のアジサイ



三浦泰時一族の墓
〜法華堂跡の「やぐら」〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







三浦一族の墓


 法華堂跡に残されている三浦泰村一族を葬ったとされる「やぐら」。

 1247年(宝治元年)、五代執権北条時頼と戦って敗れた三浦泰村一族ら約500人は、源頼朝の法華堂で自刃した(宝治合戦)。

 「やぐら」前面の平場は、北条義時の法華堂跡と考えられている。





〜宝治合戦〜

 宝治合戦は、1247年(宝治元年)に起こった北条時頼三浦泰村との戦い。

 泰村は、将軍藤原(九条)頼経を中心とする反執権勢力に近づくなど不穏な動きをみせていたため、時頼からは危険視されていた。

 そんな中、時頼の外戚である安達景盛義景父子が兵を起こし、三浦泰村一族は、頼朝の法華堂で最期を遂げた。

 泰村の弟光村は、敵に誰の首か分からないように自ら顔を剃り落としから自刃したと伝えられている。

 三浦氏頼朝の挙兵以来の御家人。

 大江広元の子である毛利季光は、三浦方につき、一族は討死したが、子孫が残存してのちの戦国武将・毛利元就を出している(参考:毛利季光の墓 三島神社(厚木市))。


 鎌倉十橋の一つ筋違橋宝治合戦発端の地。

 ※詳しくは→宝治合戦のページ





北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜

三浦氏の滅亡〜法華堂跡〜











法華堂跡碑
法華堂跡

鎌倉市西御門2丁目

鎌倉駅東口より徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江ノ電でアジサイ 鎌倉のアジサイ

カスタム検索