鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



太 平 寺 跡
~鎌倉尼五山第一位~

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







太平寺跡


 西御門来迎寺がある辺りには、鎌倉尼五山第一位の太平寺があった(来迎寺裏のテニスコートが太平寺の跡といわれている。)。

 太平寺は、源頼朝平治の乱で敗北したときに、命を助けてくれた池禅尼の恩に報いたいるために、禅尼の姪の「尼になりたいと思っている世の女人のために尼寺を建立したい」という願いを聞き入れ、その姪のために建てさせた寺がはじまりだと伝えられている(鎌倉の歴史と源頼朝)。

 のちに、鎌倉公方足利基氏の妻清渓尼によって中興され、以後、代々足利氏の息女が住職を勤め、鎌倉尼五山第一位として興隆をきわめた。

 しかし、1556年(弘治2年)、安房の里見義弘が鎌倉に攻め入った際に、住職の青岳尼(義弘の最初の正室)が安房に渡ったため廃寺となっている。


~太平寺の開山~

 太平寺跡の石碑には、池禅尼の姪の開山と記されているが、一般的に太平寺の開山は、妙法尼といわれている。

 相模の豪族の娘で千葉氏に嫁いだのだという。

 池の禅尼の姪との繋がりは不明。

 1282年(弘安5年)頃に開かれ、大休正念を導師として仏殿供養が行われた。





☆里見義弘と青岳尼☆
(大平寺廃寺の理由)

 戦国時代、関東では古河公方と小弓公方が、それぞれ北条氏と上杉氏と連合を組んでいた。

 北条氏と争っていた房総の里見氏は小弓公方を支持していたため、小弓公方の足利義明の娘と里見義弘とは恋仲になった。

 この娘が太平寺の住職青岳尼。

 鎌倉を攻めた里見義弘は、青岳尼を連れ去り結婚してしまったため、太平寺は住職を失い北条氏康によって廃寺とされた(参考:玉縄首塚 里見氏の鎌倉来襲)。


 青岳尼が鎌倉を離れる際、聖観音像を持ち去ったが、のちに鎌倉に返され、現在は東慶寺に安置されている。
 (土紋装飾が施された仏像の1つ)

 小弓公方と呼ばれた足利義明の長女は青岳尼となり太平寺へ、次女は旭山尼として東慶寺に入っている。


東慶寺
東慶寺



円覚寺舎利殿
円覚寺舎利殿

 太平寺の仏殿だった建物は、現在の円覚寺塔頭正続院にある舎利殿

 室町時代中期(15世紀)頃の建築物と推定され、日本最古の唐様(禅宗様)建築物。鎌倉の建築物では唯一「国宝」に指定されている。



~高松寺跡~

 太平寺が廃寺となった後、江戸時代には紀伊徳川家の家老水野重良が夫人の追福のために日蓮宗の「高松寺」(尼寺)が建てられた(1643年(寛永19年)。

 開山は、水野重良の娘で日隆尼。

 しかし、1923年(大正12年)の関東大震災で全壊し、宮城県若柳町に移った。

 鎌倉山にある料亭「らい亭」の山門は高松寺の山門を移築したもの。


檑亭山門
らい亭







太平寺跡碑

鎌倉市西御門・来迎寺下

鎌倉駅東口から徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜


カスタム検索