鎌倉手帳(寺社散策)

十二所神社
十二所の鎮守


編集:岡戸事務所
カスタム検索









 十二所神社は、光触寺の境内にあったという熊野十二所権現の社が前身とされ、江戸時代末に明王院住職の村人への呼びかけによって、現在の地に新社殿が建立されたと伝えられている。
 明治の神仏分離によって「十二所神社」と改名された。

 十二所神社の創建年は不明だが、1182年(寿永元年)、北条政子の出産に際して奉幣使が派遣され、二代将軍源頼家の誕生に際しては、神馬が奉納されているという。

 十二所(じゅうにそ)という地名は、熊野十二所権現の社があったことから付いた地名と伝えられる。

祭神
天神七柱 地神五柱
(「あまつかみななはしら」、「くにつかみいつはしら」と読み、合わせて12柱の神)



〜熊野権現とは・・・〜

 熊野権現の「権現」というのは、「日本の神々は、仏の化身として現れたという「権現」である」という「本地垂迹」(ほんじすいじゃく)という考え方に基づいた名称といわれている。
 熊野本宮本社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三つが「熊野三山」といわれ、この主祭神を祀ったのが「熊野三所権現」と呼ばれ、主祭神以外の神も祀られているのが「熊野十二所権現」と呼ばれているらしい。 

〜境内社〜

山の神

疱瘡神と宇佐八幡

地主神


〜鎌倉公方足利持氏の逃走経路〜

 1416年(応永23年)に起こった上杉禅秀の乱で、鎌倉公方だった足利持氏は、十二所から小坪由比ヶ浜を通って佐助に逃走したと伝えられている。
 佐助には関東管領上杉憲基邸があった。


社殿軒下のうさぎの彫刻






天園ハイキングコース(鎌倉アルプスを散策)

明月院 ハ イ キ ン グ コ ー ス
建長寺 半僧坊 勝上けん展望台 十王岩 鷲峰山 天園 貝吹地蔵 瑞泉寺
↑↓ ↑↓ ↑↓ ↑↓ ↑↓
朱垂木やぐら 百八やぐら
覚園寺
獅子舞
永福寺跡
お塔の窪やぐら
十二所神社
大江広元墓
初め弁天
明王院



「お塔の窪やぐら」への道

鎌倉アルプスの散策・・・前編 後編

天園から十二所神社への道(風早・権兵衛山・女男坂・番場ヶ谷)




百貫石

 祭でこの石を持ち上げた力自慢の者がいたという。
 重さ約28貫(112kg)。

十二所神社:鎌倉市十二所285






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)
鎌倉:寺社・史跡巡り

鎌倉検定
(3級・2級・1級の問題と解説)
カスタム検索