鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



大江広元邸跡

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







大江広元邸跡碑


 大江広元は、大江惟光の子で、中原広季の養子となった。
 大江の姓を名乗ったのは1216年(建保4年)、陸奥守となった以降といわれている。

 「大江」は朝臣であるので氏ではなく姓となる。
 したがって「おおえのひろもと」と読む。

 源義家は、広元の祖父大江匡房(まさふさ)から兵法を学んだといわれている。

 1184年(元暦元年)、源頼朝に招かれて鎌倉に下向し、開設された公文所の別当となる(公文所は、1191年(建久2年)、政所に改められる。)。

 1185年(文治元年)、源頼朝による守護・地頭の設置は広元の献策によるものとされている(文治の勅許)。

 源頼朝の死後も幕府の中で中心的な役割を担い、鎌倉幕府の基礎を築き上げた。


大江稲荷
大江稲荷
(大江広元を祀る社)

源頼朝と御家人・・・所領安堵の下文(okadoのブログ)





戦国武将毛利元就の祖

 大江広元は愛甲郡毛利庄を拝領し、そこを相続した四男季光は、「毛利氏」を名乗った。

 1247年(宝治元年)の宝治合戦で三浦氏に味方したことから、毛利氏はほとんど滅んでしまうが、季光の四男経光の家系が後世にのこり、戦国時代に中国地方を統一した毛利元就の祖となる。

 江戸時代末には、毛利氏の長州藩は明治維新の成功に大きな働きをした。

 西御門にある広元と季光の墓は、江戸時代に長州藩によって建てられたものという。

 明王院裏山には、大江広元の墓と伝わる五層塔がある。


大江広元の墓
伝大江広元墓
大江広元の墓
大江広元の墓
(法華堂跡)


毛利氏発祥の地碑
毛利氏発祥の地碑
(三島神社:厚木市)





六浦道(路)その1

守護・地頭の設置

北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜










大江広元邸跡碑

鎌倉市十二所

鎌倉駅から金沢八景・大刀洗行バス
「泉水橋」下車徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索