鎌倉手帳(寺社散策)

杉 本 寺
=鎌倉最古の寺=

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







杉本寺


 杉本寺(天台宗)は、鎌倉最古の寺。初の大僧正となった行基の開山。

 東国の旅をしていた行基は、731年(天平3年)、大蔵山からみて「この地に観音さまを置こう」と決め、自ら彫刻した観音像を安置した。

 その後の734年(天平6年)、光明皇后が夢の中で受けた「財宝を寄付し、東国の治安を正し、人々を救いなさい」というお告げにより、本堂を建立したのだと伝えられている。


鎌倉観音巡礼第1番札所
(十一面観世音)

鎌倉地蔵巡礼第4番、第6番札所
(身代地蔵 尼将軍地蔵)

開山 行基菩薩
開基 光明皇后
(聖武天皇妃 藤原不比等の娘)
本尊 十一面観音(三尊同殿)
 ≪行基・慈覚・恵心作の三体≫


〜光明皇后〜

 藤原不比等の子として生まれ、聖武天皇の后となる。

 仏教に帰依し東大寺・各国の国分寺の造営に関与し、悲田院や施薬院を設置するなどの慈善事業も行っている。

 興福寺や新薬師寺の創建・整備にも関わった。

 (参考:海老名の七重塔〜相模国分寺〜





杉本寺観音堂
観音堂
杉本寺仁王門
仁王門

杉本寺大蔵弁財天
大蔵弁財天
杉本寺石段
苔の石段

杉本寺五輪塔
杉本城址
杉本寺身代地蔵
身代地蔵

白山・熊野大権現
白山・熊野大権現
杉本寺鐘楼
鐘楼



〜後白河法皇の四十九日法要〜

 『吾妻鏡』によれば、1192年(建久3年)5月8日、源頼朝が後白河法皇の四十九日法要を勝長寿院で行った際には、杉本寺の僧も1名参列している。

 他は、鶴岡八幡宮20人、勝長寿院13人、伊豆山権現18人、箱根権現18人、大山寺3人、金目観音3人、高麗寺3人、岩殿寺2人、六所神社1人、窟不動1人、慈光寺10人、浅草寺3人、真慈悲寺3人、飯泉観音2人、国分寺3人。



〜清涼寺式釈迦如来〜

 杉本寺には、東京目黒の大円寺に伝わる「清涼寺式釈迦如来像」が安置されていたと伝えられている。

 この像は、三代執権北条泰時が父義時の供養のために建てた釈迦堂に安置されていたものというが、扇ヶ谷にあった新清涼寺釈迦堂の本尊であったとする説もあって定かなことではない。


京都清凉寺
清涼寺

 「清涼寺式釈迦如来像」は、京都の清涼寺に伝わる「三国伝来の釈迦如来」を模刻したもの。
 「三国伝来の釈迦如来」は、東大寺の僧「然(ちょうねん)が宋より持ち帰った。


釈迦堂切通と大町釈迦堂口遺跡(okadoのブログ)



鶴岡八幡宮の主な祭事・行事

初観音大護摩供
初観音大護摩供
(本尊初護摩)
1月18日
四万六千日
四万六千日
(観世音菩薩縁日)
8月10日


 1月18日の初観音では、護摩焚き供養が行われ、本尊が開帳される。

 8月10日の縁日に参詣すると四万六千日お詣りしたのと同じご利益があるとされている。


伝説の観音さまと四万六千日詣り(okadoのブログ)

杉本寺の十一面観音(okadoのブログ)



〜巡礼古道〜

巡礼古道
巡礼古道
衣張山
衣張山


 杉本寺は、坂東観音巡礼三十三ヶ所の第1番札所(参考:坂東三十三観音〜神奈川県の札所〜)。

 かつての巡礼者は山を越えて第二番札所である逗子の岩殿寺を目指した(参考:巡礼古道)。

 岩殿寺は、長谷寺開山の徳道と杉本寺の十一面観音を彫った行基が開基となっている曹洞宗の寺で、源頼朝も信仰したとする行基作の十一面観音が本尊。

 巡礼古道衣張山は、大切岸名越切通ともハイキングコースで通じている。


岩殿寺
岩殿寺







杉本寺
杉本寺

鎌倉市二階堂903
0467(22)3463

鎌倉駅から金沢八景・大刀洗行・ハイランド循環バス
「杉本観音」下車


鎌倉の天台宗の寺



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索