鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



本 覚 寺
=東身延=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







本覚寺


 本覚寺(日蓮宗)のある地は、源頼朝幕府の鬼門除けのために夷神を祀ったという夷堂(天台宗系)があった所。

 1274年(文永11年)、佐渡流罪から鎌倉に戻った日蓮夷堂を拠点として布教を行い、1436年(永享8年)、日出が日蓮の霊跡を寺とした。

 二代日朝が身延山に参詣することが困難な人のために、身延山久遠寺にあった日蓮の遺骨を分骨したことから「東身延」と呼ばれている。

 伝えられている「東身延」の額は、松平定信の筆によるもの。


鎌倉・江の島七福神(恵比寿)

鎌倉十三仏第3番札所(文殊菩薩)

開山 日出
本尊 釈迦三尊


除夜の鐘:鎌倉〜除夜の鐘が撞ける寺〜





本覚寺仁王門
仁王門
本覚寺本堂
本堂

本覚寺分骨堂
分骨堂
本覚寺夷堂
夷堂

本覚寺梵鐘
伝説の梵鐘
本覚寺正宗墓
正宗の墓
(名刀正宗)

本覚寺人形塚
人形塚
本覚寺にぎり福
にぎり福



夷堂橋
夷堂橋
(鎌倉十橋)
鎌倉えびす
鎌倉えびす



本覚寺のハス
花・景色







本覚寺
本覚寺

鎌倉市小町1−12−12
0467(22)0490

鎌倉駅東口より徒歩3分


小町大路の歴史散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
小町・大町周辺

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索