鎌倉手帳(寺社散策)

八雲神社(大町)
=鎌倉最古の厄除け神社=

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







鎌倉八雲神社(大町)


 八雲神社は、「八雲さん」、「お天王さん」の愛称で親しまれている大町の鎮守。

 新羅三郎義光が兄八幡太郎義家の助勢(後三年の役)のため奥州に赴く途中で鎌倉に立ち寄った際、疫病が流行っていたため、京都の祇園八坂社の祭神を勧請したのが八雲神社の始まりと伝えられている。

 1080年頃の創建。

 室町時代には、佐竹屋敷の祠が合祀され、「佐竹天王」とも称され、江戸時代には将軍より朱印も賜り、「祇園さま」として尊崇された(参考:大寶寺)。

 明治維新を迎え、鎌倉祇園社から八雲神社に改称。

 七月の神幸祭(大町まつり)は、神輿渡御で知られ、幼児を抱いての「みこしくぐり」は子の無事な成長を祈願する。


祭神

須佐之男命 稲田比売命
八王子命 佐竹氏の御霊


八坂神社
八坂神社
(京都)
新羅三郎義光の墓
新羅三郎義光墓
(大寶寺)

佐竹屋敷跡
佐竹屋敷跡
(大寶寺)
園城寺新羅善神堂
新羅善神堂
(大津市)





八雲神社庚申塔
庚申塔
(寛文10年銘)
義光手玉石
義光手玉石

八雲神社境内社
諏訪社
稲荷社
於岩稲荷社
御嶽三峰社
御嶽三峰社


八雲神社天水盤
天水盤

 社殿前の天水盤は東京オリンピックの聖火台を鋳造した鈴木文吾氏が手掛けたもの。



〜松童社〜

 『吾妻鏡』の1228年(安貞2年)7月16日の条に、「松童社のかたわらから火事が起こり・・・竹御所は延焼を免れた」とする記述がある。

 この松童社というのは、記事の内容から地理的な関係を推測すると、八雲神社のことであるとする説がある。

 竹御所は四代将軍藤原(九条)頼経の妻で、妙本寺祖師堂左奥の墓地に御所があった(竹御所の死後は、新釈迦堂が建てられている。)。



八雲神社初神楽
初神楽
(1月6日)
鎌倉祇園大町まつり
大町まつり
(7月)

 毎年7月の八雲神社の例祭は、地元住民からは「大町まつり」として親しまれている。

 4基の神輿渡御で知られ、天王唄を歌いながら町内を巡行。

 夜には神輿に提灯が取り付けられ、「神輿ぶり」の伝統が披露される。



祇園山ハイキングコース
祇園山
ハイキングコース


 八雲神社裏手にある御嶽三峰社横から裏山を上がれば、東勝寺跡までのハイキングコース。
 途中、妙本寺へも下りることができる。






鎌倉八雲神社(大町)
八雲神社は、鎌倉で一番古い厄除け神社。


鎌倉市大町1−11−22

鎌倉駅東口より徒歩10分


小町大路の歴史散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
小町・大町周辺

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索