鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



静の舞と隠れ銀杏

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







=「静の舞」は、どこで舞われたか?=

 源義経の愛妾「静」は、鶴岡八幡宮舞殿で舞ったのだろうか?

 実は、静が鎌倉に連れてこられた時代には、まだ舞殿は造営されていなかった。

 舞った場所は若宮の回廊。

 鼓を工藤祐経が、銅拍子を畠山重忠が担当した。

 静は、源頼朝北条政子の前で、義経を慕う今様(歌)に合わせて舞ったとされ、頼朝は大いに怒ったそうだ。

 静が鎌倉で舞ったとき、お腹の中には義経の子がいた。

 しかし、静の産んだのが男子であったことから殺害され、由比ヶ浜に捨てられたという。


静の舞
静の舞

吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき
しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな


鶴岡八幡宮舞殿
舞殿

 毎年4月に行われる「鎌倉まつり」では、舞殿で静の舞が奉納される。







=公暁が隠れていたのは「大銀杏」?=

 鶴岡八幡宮の隠れ銀杏(別名「大銀杏」)は、三代将軍源実朝を暗殺した公暁が隠れていたとされているが、実は、後年徳川光圀によって創作されたものであるらしい(参考:源実朝の暗殺(源氏の滅亡))。

 ちなみに、実朝を殺害した公暁を成敗したのは、長尾定景という武士であるが、のちに越後の虎といわれた「上杉謙信」の祖先。

 植木の久成寺に一族の墓がある(参考:長尾城址)。 


鶴岡八幡宮大銀杏
大銀杏

※大銀杏は、平成22年3月10日未明に倒れてしまいましたが、頑張って再生の途を歩んでいます。

鶴岡八幡宮大銀杏
大銀杏再生の記録



鎌倉雑学トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索