鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉三十三観音巡礼

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







杉本寺


 鎌倉は武家の都として栄えましたが、鎌倉幕府滅亡後は衰退するとともに、戦乱や災害により多くの寺社を失いました。

 中世のまま残っている建物は、国宝の円覚寺舎利殿や荏柄天神社本堂など数少ないものとなっています。

 そんな鎌倉の栄枯盛衰の歴史を学びながらの観音巡礼もいいかもしれません。

 知られている坂東33箇所の巡礼は、観音信者であった源頼朝が発案したともいわれています。

 鎌倉観音巡礼の第一番・杉本寺、第三番・安養院、第四番・長谷寺は、坂東33箇所の札所でもあります。

 報国寺からの巡礼古道衣張山の古道は、坂東33箇所第2番札所岩殿寺(逗子市)への巡礼道だったといわれています。

 鎌倉の8月10日は四万六千日

 この日に参詣すると46000日参詣したのと同じご利益があるといわれています。


巡礼お薦めコース

鎌倉の観音さま





 江戸時代に入ると、観音巡礼が盛んに行われるようになります。

 鎌倉郡においても、鎌倉、横浜戸塚、藤沢などにまたがる鎌倉郡三十三箇所が設けられました。

 しかし、明治に入って廃寺となってしまった寺も多く、昭和に入って鎌倉市内の寺院のみで三十三箇所が設けられています。


第1番
杉本寺
杉本寺

十一面観世音
坂東札所

たのみある
しるべなりけり
杉本の
誓いはすえの
世にもかわらじ
第2番
宝戒寺
宝戒寺

准胝観世音


みほとけに
たのむちからの
つよければ
水もほのほも
身にかかるかは


第3番
安養院
安養院
(田代寺)


千手観世音
坂東札所

かれきにも
花さくちかい
田代寺
世をのぶつなの
あとぞ久しき
第4番
長谷寺
長谷寺
(長谷観音)


十一面観世音
坂東札所

はせでらへ
詣りて沖を
眺むれば
由比のみきはに
立つ白波は


第5番
来迎寺
来迎寺(西御門)

如意輪観世音

のちの世を
かけてはたのむ
観世音
すくひたまえる
あみはもらさし
第6番
瑞泉寺
瑞泉寺

千手観世音

はるは花
あきはもみじを
あやにせし
にしきの山に
のぼるうれしさ


第7番
光触寺
光触寺

聖観世音

やみの世を
てらすほとけの
みひかりに
ふるる人こそ
実にぞうれしき
第8番
明王院
明王院

十一面観世音

ももあまり
八つとかぞふる
わづらいを
ひとたちにする
ちえのいちはし


第9番
浄妙寺
浄妙寺

聖観世音

はるばると
まいりておがむ
観世音
ほとけのおしえ
弥陀の浄土へ
第10番
報国寺
報国寺

聖観世音

よきにつけ
あしきにつけて
み仏の
たのむわが身は
いざくにのため


第11番
延命寺
延命寺

聖観世音

うまれきて
としのなきこそ
ものうけれ
たのむほとけの
慈悲にのびゆく
第12番
教恩寺
教恩寺

聖観世音

うえもなき
ほとけののりに
あう身こそ
世々にたうとき
めぐみなりけり


第13番
別願寺
別願寺

魚籃観世音

とかおもく
まよいのつもる
つゆの身も
たのむ仏の
ひかりにぞきゆ
第14番
来迎寺
来迎寺(材木座)

聖観世音

たちいにも
念仏のこえを
たづねつつ
むかうる慈悲の
ふかきみほとけ


第15番
向福寺
向福寺

聖観世音

ふかき夜の
ゆめにすくせし
わが身にや
さいはひにむく
しるべなるらん
第16番
九品寺
九品寺

聖観世音

なにはえの
よきもあしきも
おしなべて
いまはの人の
すくうのりかな




第17番
補陀洛寺
補陀洛寺

十一面観世音

みほとけの
ちかいもふかき
海原の
ひろき世にしく
慈悲のおしへは
第18番
光明寺
光明寺

如意輪観世音

いつる日も
入る日とともに
南無阿弥陀
ほとけのひかり
うけぬ日ぞなき


第19番
蓮乗院
蓮乗院

十一面観世音

にごる世に
まよふわが身の
このままに
はすのうてなに
のるぞうれしき
第20番
千手院
千手院

千手観世音

かづかづの
のぞみもとむる
もろひとの
ねがひをはたす
ちかひをぞきく


第21番
鎌倉成就院
成就院

聖観世音

なにごとも
こころのままに
成就院
ほとけのちかひ
たのもしきかな
第22番
極楽寺
極楽寺

如意輪観世音

みのりとく
わしのみやまを
まのあたり
弥陀のみくにに
入るここちして


第23番
高徳院観月堂
高徳院

聖観世音

かぎりなき
いきとしいける
ものをみな
もらさでめぐむ
慈悲のちぶさに
第24番
壽福寺
壽福寺

十一面観世音

きよみづを
てつ井にうつす
観世音
すゑの世までも
ひかりかがやく


第25番
浄光明寺
浄光明寺

千手観世音

ありがたや
いづみがやつの
きよみづに
こころのあかを
あらふもろ人
第26番
海蔵寺
海蔵寺

十一面観世音

ふだらくの
ちかひもひろき
うめがやつ
いろかもおなし
のりのすがたぞ


第27番
建長寺妙高院
妙高院

聖観世音

そめいろの
かづかづうつる
世の中を
ひとすじにとく
みほとけののり
第28番
建長寺法堂
建長寺

千手観世音

世の中の
やみぢをてらす
みほとけの
きよきひかりの
かぎりなければ


第29番
龍峰院
龍峰院

聖観世音

たづねやま
わけ入りのりを
きくときは
とそつのにはも
とほからぬなり
第30番
明月院
明月院

如意輪観世音

くももなき
そらにぞすめる
月かけを
おのがこころに
うつし見るかな


第31番
浄智寺
浄智寺

聖観世音

けふよりぞ
こがねのやまに
入りにけり
きよきさとりの
ちえをとりつつ
第32番
東慶寺
東慶寺

聖観世音

たのもしや
ちかひのみちは
ときはにて
そのしるしある
松の岡やま


第33番
佛日庵
佛日庵

十一面観世音

ただたのめ
大慈のちかひ
あまねくば
けふもきえなん
のちのちのみち








岩殿寺
岩殿寺

 昔、坂東観音の巡礼者は、第一番札所の杉本寺から報国寺のある宅間ヶ谷を越えて第二番札所である逗子の岩殿寺を目指した。

 岩殿寺は、長谷寺開山の徳道と杉本寺の十一面観音を彫った行基が開基となっている曹洞宗の寺で、源頼朝も信仰したとする行基作の十一面観音が本尊です。



四万六千日
四万六千日

 この日に観音さまにお詣りすると、四万六千日間お詣りしたのと同じご利益があるとされている。



鎌倉観音巡礼御朱印

頂いたご朱印を額にしてみました。

 観世音(かんぜおん)とは、「妙法蓮華経」などに説かれる菩薩さまで、阿弥陀如来の脇侍です。



巡礼お薦めコース

鎌倉の観音さま



〜鎌倉観音巡礼MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


鎌倉の名所
(鎌倉の名所・名数)






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索