鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭



五 所 神 社
=材木座の鎮守=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







五所神社


 江戸時代までの材木座は、乱橋村と材木座村の二村からなり、もとの乱橋村には三島社、八雲社、金毘羅社が、材木座村には諏訪社、視女八坂社が鎮座していた。

 1868年(明治元年)、両村が合併し「乱橋材木座村」と呼ばれるようになると、1873年(明治6年)には三島社が鎮守として村社に列格。

 1908年(明治41年)には他の4社が合祀され五所神社となった。

 のちの住居表示に伴い「乱橋材木座」という地名は「材木座」に改められている。


祭神

大山祇命 天照大御神 須佐鳴命
建御名方命 崇徳院霊





乱橋の手摺石
乱橋手摺石
五所神社摩利支天
摩利支天



五所神社石上稲荷
三光尊石上稲荷

 材木座海岸の豆腐川の河口にあったという石が祀られている。

 舟や海水浴客、漁師に悪さをしたり、いたずらをしたため、陸に引き上げられた。

 その後、個人宅に安置されていたが、昭和12年に五所神社に移されたという。

 祠の中には大きな石が安置されている。



〜五所神社と光明寺の板碑〜

五所神社板碑
五所神社板碑

 五所神社の大日如来の種子「バン」の梵字が刻まれた板碑は、弘長2年(1262年)の銘があるもの。

 廃寺となった感應寺の境内にあった板碑を五所神社創建のときに移した。

 光明寺の阿弥陀如来の種子「キリク」が刻まれた板碑と対をなしているものと考えられている(参考:)。

光明寺板碑
光明寺の板碑

材木座:五所神社の板碑(okadoのブログ)



お春の像
お春像
お春は隠れキリシタンだったという。
包装老婆さんの石
疱瘡老婆さんの石

諏訪神社
諏訪神社
御嶽信仰碑
御嶽信仰碑



五所神社神輿
例大祭
(6月第2日曜日)
潮神楽
新年イベント潮神楽
(1月11日)







五所神社
五所神社

鎌倉市材木座2−9−1

鎌倉駅から九品寺循環バス「五所神社」下車


五所神社の初詣と潮神楽



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町から材木座・小坪

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江の島灯籠 長谷の灯かり


カスタム検索