鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



元八幡(由比若宮)

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







元八幡(由比若宮)


 由比若宮は、1063年(康平6年)8月、源頼義が前九年の役の勝利に感謝するため、源氏の氏神だった京都の石清水八幡宮を勧請して創建。

 1081年(永保元年)2月、頼義の子義家が社殿を修復。

 1180年(治承4年)10月、鎌倉に入った源頼朝が由比若宮を小林郷北山に遷座し、現在の鶴岡八幡宮を造営。

 授けられる「破魔矢」は、源頼義が奉納した弓矢にちなむものという。


祭神

応神天皇・比売神・神功皇后


参考:鶴嶺八幡宮(茅ヶ崎市)


石清水の井
石清水ノ井

参考:石清水井(石清水八幡宮)





〜源氏と鎌倉〜

 源氏(河内源氏)が坂東進出に成功した要因の一つに、1028年(長元元年)に起こった「平忠常の乱」を源頼信が鎮圧したことがあげられる。

 朝廷は当初、忠常の征圧には平直方を起用したが、のちに、直方を更迭して頼信を起用した。

 (※更迭された直方も頼信に従って忠常の制圧に向っている。)

 この直方の子孫といわれるのが、源頼朝を担ぎあげ、武家政権を創り上げる立役者となった北条時政ともいわれている。

 直方は、「平忠常の乱」後、源頼信の子頼義に娘を嫁がせ、鎌倉の大蔵邸を寄進している。

 ここから、源氏と鎌倉の繋がりが出来上がった。

 のちに、頼義の子義家が、関東武士団を率いて「後三年の役」を平定。

 朝廷には私闘と判断されて恩賞が与えられなかったが、義家は自らの私財をはたいて家来へ恩賞を与え、「武神」と崇められたという。


源義家・旗立の松
源義家・旗立の松



〜源氏の没落と再興〜

 義家の子の代になると一族間での争いもあり、源氏はその勢いを失っていく。

 一方で着実に勢力を伸ばしたのが、「平忠常の乱」以降、源氏に従うのを嫌った伊勢平氏。

 源氏は、義朝の代でその勢力を取り戻しつつあったが、1159年(平治元年)の平治の乱で平清盛に敗れ、尾張国野間で討死。

 嫡男頼朝は伊豆国の蛭ヶ小島に流された。

 それから20年後の1180年(治承4年)、源氏再興の挙兵を果たした頼朝は、源氏と深い繋がりのある鎌倉を本拠として武家の都を創り上げた。


〜河内源氏発祥の地〜
(羽曳野市)

壺井八幡宮
壺井八幡宮
(河内源氏の氏神)
源頼義の墓
源氏三代の墓
(頼信・頼義・義家)

壺井八幡宮
誉田八幡宮
(源頼朝寄進の神輿)







鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
石清水八幡宮
石清水八幡宮


頼朝の鶴岡八幡宮創建

鶴岡八幡宮の歴史(年表)



〜芥川龍之介の旧居〜

 小説家、芥川龍之介は、塚本文と結婚し、元八幡横に居を構えた。

 『或阿呆の一生』に次のように描いている。

 「彼等の家は東京から汽車でもたっぷり一時間かかる或海岸の町にあったから」









元八幡(由比若宮)
元八幡
鎌倉市材木座1−7



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町から材木座・小坪

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜


カスタム検索