鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



伝阿仏尼墓

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







阿仏尼の墓


 英勝寺墓地の崖下に「十六夜日記」の著者阿仏尼の墓と伝わる供養塔(層塔)がある。

 台座には「阿佛」と刻まれているが、阿仏尼の墓として特定することは難しい。

 ただ、浄光明寺の境内に阿仏尼の供養塔があったとう伝承があり、『新編鎌倉志』にも「阿仏ガ卵塔有シ」と記されていることから、昔から、扇ヶ谷に阿仏尼の墓と呼ばれるものがあったものと考えられる。

 また、横須賀線の線路を挟んで向かい側(浄光明寺裏山)には、阿仏尼の息子冷泉為相のものと伝わる宝篋印塔も存在していることから、向かい合わせに建てられたという推測もできる。


阿仏尼の墓
「阿佛」の文字
(台座部分)





☆十六夜日記☆
(中世の三大紀行の一つ。)

 八代執権北条時宗の頃、藤原定家(新古今和歌集の撰者)の孫で冷泉家の祖となった為相の母(阿仏尼)が書いた紀行日記が『十六夜日記』。

 『十六夜日記』には、遺産を巡って為相と異母兄との間に相続争いが起ったことから、阿仏尼が息子の正当性を幕府に訴えるため、鎌倉に下ってきたときのことが書かれている。

 鎌倉での阿仏尼の住まいは、極楽寺辺りの月影ヶ谷にあったとされ、英勝寺裏門にほど近い「やぐら」内の層塔が阿仏尼の墓だと伝えられる(京に戻ってから死んだともいわれる。)。

 息子の為相も母を慕って鎌倉に下っており、藤ヶ谷に屋敷があって、鎌倉における歌壇の指導に当たっていた。

 浄光明寺の裏山には、為相の墓と伝わる供養塔があるが、為相が鎌倉で死んだのかは不明。

 いずれにしても、阿仏尼の墓と為相の墓はごく近い位置にあり、親子の愛が感じられる話である。

 なお、『十六夜日記』には、訴訟の結果が記されていないため、阿仏尼は為相が勝訴したことを知らずに死んでいったと考えられている。

 鎌倉で亡くなったのか、京都で亡くなったのかは不明。


大通寺
大通寺
(京都)

京都の大通寺には阿仏尼の墓とされる「阿仏塚」がある。



智岸寺稲荷
智岸寺稲荷

阿仏尼の墓の横にある稲荷社。
かつて、ここには、智岸寺という尼寺があった



〜阿仏尼伝説〜

阿仏尼邸跡
阿仏尼邸跡
(極楽寺)
冷泉為相の墓
冷泉為相
(浄光明寺)

月影地蔵堂
月影地蔵堂
(極楽寺)
どこも苦地蔵堂
どこも苦地蔵堂
(瑞泉寺)


どこも苦地蔵と阿仏尼の墓(okadoのブログ)






英勝寺
英勝寺

 英勝寺は、鎌倉唯一の尼寺。
 太田道灌の子孫英勝院尼によって1636年(寛永13年)に創建された。
 阿仏尼墓は、英勝寺の入口から横須賀線沿いに進んだやぐらの中にある。


鎌倉市扇ガ谷1−16−3

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索