鎌倉手帳(寺社散策)

長谷寺紅葉ライトアップ 鎌倉初詣特集



英 勝 寺
=水戸さまの尼寺《英勝寺》=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







英勝寺


 英勝寺は、鎌倉にある唯一の尼寺(浄土宗)。開基は英勝院尼。

 英勝院尼は、徳川家康に仕え「戦には必ず勝利をもたらした」ので「お勝の方」と呼ばれ、家康の命により水戸家初代の徳川頼房の養母となった。

 家康の死後、徳川三代将軍家光より先祖・太田道灌の土地を譲り受け、1636年(寛永13年)、英勝寺を建立。頼房の息女・玉峯清因を開山に迎えた。

 壽福寺前にあったとされる鎌倉十橋の一つ勝ノ橋」は、英勝院尼が架けたことからこの名がついたという。

 徳川光圀もこの寺を訪問しており、英勝院尼没後は水戸家の姫君が代々住職を勤めたため「水戸御殿」とも呼ばれたが、六代の清吟尼を最後に水戸家からの住持は絶え、徳川家の支援によって維持されていたという。


開山 玉峯清因
開基 英勝院尼
本尊 阿弥陀如来


 開基の英勝院尼は、扇谷上杉氏に仕えた太田道灌から数えて四代の孫康資の娘。


鎌倉の浄土宗の寺





英勝寺仏殿
仏殿
木造阿弥陀如来像
英勝寺山門
山門
復興された山門

英勝寺袴腰鐘楼
袴腰鐘楼
県でも珍しい袴腰
英勝寺唐門
唐門
(祠堂門)

英勝寺祠堂
祠堂
(徳川光圀の建立)

三霊社権現
三霊社権現
英勝寺竹林
竹林
(姫御殿跡)

英勝寺金比羅宮
金刀比羅宮
太田道灌首塚
太田道灌の首塚



〜智岸寺跡〜
 英勝寺は、尼寺・智岸寺の跡地に建てられた寺。
 『十六夜日記』の作者・阿仏尼や瑞泉寺のどこも苦地蔵の伝説が残されている。

阿仏尼の墓
阿仏尼の墓
『十六夜日記』作者
瑞泉寺どこも苦地蔵
どこも苦地蔵
伝説の地蔵堂



花・景色

英勝寺侘助
ツバキ
(侘助)
英勝寺の梅

英勝寺のツツジ
ツツジ
英勝寺のシロフジ
フジ

英勝寺のヤマブキ
ヤマブキ
英勝寺のヒガンバナ
ヒガンバナ







太田道灌邸旧蹟の碑
太田道灌邸旧跡の碑

英勝寺

鎌倉市扇ガ谷1−16−3
0467(22)3534

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

冬の鎌倉 鎌倉:新年のイベント


カスタム検索