鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:浄光明寺

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







浄光明寺


 浄光明寺 (真言宗泉涌寺派)は、源頼朝文覚に建てさせた堂がそのはじまりであるとも、頼朝の子といわれる島津忠久が建てた寺がそのはじまりともいわれている。

 1251年(建長3年)、北条長時(のちの六代執権)が開山に真阿を招いて再興し、「浄光明寺」とした。

 開山の真阿は没後、「真聖国師」号を賜っている。

 鎌倉幕府滅亡後は、後醍醐天皇の皇子成良親王の祈願所となる一方、浄土・華厳・真言・律の四つの勧学院が建てられ、四宗兼学の寺院となる。

 盛時には10の支院があったという。

 1335年(建武2年)、足利尊氏は、後醍醐天皇の意に逆らって鎌倉に下り、中先代の乱を平定したため、一時、浄光明寺に蟄居するが、弟直義に説かれ、ここで後醍醐天皇を裏切る覚悟を決めたといわれる。


鎌倉観音巡礼第25番札所

鎌倉地蔵巡礼第16番、第17番札所
網引地蔵矢拾地蔵

鎌倉十三仏第9番札所
(勢至菩薩(都市王))

開山 真阿(真聖国師)
開基 北条長時
本尊 阿弥陀三尊
鎌倉六阿弥陀








〜足利尊氏の願文〜

 1336年(建武3年)8月27日、足利尊氏は自筆の願文を京都清水寺に奉納している。

 内容は、「自分は仏の加護を賜り、今後の果報は弟の直義に与えていただきたい」といったもの。

 その前年、尊氏は、後醍醐天皇の意に逆らって鎌倉に下り、中先代の乱を平定したため、一時、浄光明寺に蟄居したという経緯もある。

 尊氏の願文奉納のきっかけは定かではないが、後醍醐天皇との戦いに勝利した時期の願文のため注目されているという。


中先代の乱と足利尊氏


怪僧文覚と源頼朝(okadoのブログ)

清水寺に奉納された足利尊氏の願文(okadoのブログ)



浄光明寺本堂
本堂
浄光明寺不動堂
不動堂

浄光明寺鐘楼
鐘楼
浄光明寺楊貴妃観音
楊貴妃観音

浄光明寺阿弥陀堂
阿弥陀堂
(仏殿)
浄光明寺収蔵庫
収蔵庫
阿弥陀三尊

地蔵菩薩(矢拾地蔵)

浄光明寺大伴家墓所
大伴家墓所
浄光明寺観音堂
観音堂

浄光明寺網引地蔵
網引地蔵
冷泉為相の墓
冷泉為相墓

覚賢の五輪塔
覚賢五輪塔
北条守時の墓
北条守時の墓



浄光明寺敷地絵図
浄光明寺敷地絵図

 鎌倉時代末から南北朝時代にかけての浄光明寺の境内の建物・寺域や周辺の景観・屋敷などを詳細に伝える絵図。


浄光明寺ビャクシン
ビャクシン
浄光明寺稲荷社
裏山の稲荷社



〜浄光明寺の近くにあった寺〜

新清水寺
新清水寺
東林寺跡
東林寺跡

法泉寺跡
法泉寺跡
新清凉寺跡
新清涼寺跡


 浄光明寺の周辺には、多宝寺東林寺など律宗の寺が並び、海蔵寺手前の清涼寺ヶ谷には、西大寺流律宗の叡尊が滞在したという新清涼寺釈迦堂があったと伝えられている。

 その他、鉄観音の伝説で知られる新清水寺や臨済宗の法泉寺も浄光明寺付近にあった。



花・景色

浄光明寺のスイセン
スイセン
浄光明寺のハギ
ハギ

浄光明寺ヒガンバナ
ヒガンバナ
浄光明寺イヌマキ
イヌマキ







浄光明寺
浄光明寺

鎌倉市扇ガ谷2−12−1
0467(22)1359

鎌倉駅西口から徒歩15分


鎌倉の真言宗の寺



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索