鎌倉手帳(寺社散策)

円 覚 寺
=めでたい鹿のお山=


編集:岡戸事務所









 円覚寺は、鎌倉五山第二位(臨済宗円覚寺派大本山)。

 元寇(文永・弘安の役)によって死んだ兵達の菩提を弔うため、1282年(弘安5年)、八代執権北条時宗によって建立され、開山には、宋の禅僧無学祖元が招かれた。

 寺名の由来は、起工の際に地中から「円覚経」を納めた石櫃が出てきたことによる。

 鎌倉幕府の祈願所として発展し、幕府滅亡後は、夢窓疎石が住職となり、後醍醐天皇の力もあって繁栄、42の支院を持つ寺となった。

 1526年(大永6年)、里見実堯の来襲では大きな打撃をうけ、全山が焦土と化した。

 現在の堂宇は江戸時代に再建されたもので、1923年(大正12年)の関東大震災で倒潰したが、総門山門(三門)舎利殿などは復元された。

 山門(三門)仏殿法堂が一直線に並ぶ「禅宗様式」となっている(参考:円覚寺の伽藍配置)。


鎌倉観音巡礼第33番札所
(十一面観世音:佛日庵

鎌倉地蔵巡礼第13番、第14番札所
(手引地蔵(正続院)、延命地蔵(佛日庵))

開山 無学祖元(仏光国師)
開基 北条時宗
本尊 宝冠釈迦如来


鎌倉の臨済宗の寺

鎌倉四大寺

童謡・唱歌「鎌倉」に歌われた寺






境内の建築物・施設等



国宝「舎利殿」

国宝「洪鐘」






円覚寺の塔頭

 禅宗では、高僧の塔があるところを塔頭という。
 円覚寺の塔頭は、その繁栄時には42院を数えたが、現在は17の塔頭が残されている。




宝  物

鶴岡八幡宮の主な祭事・行事


円覚寺のアジサイ
花・景色







円覚寺

鎌倉市山ノ内409
0467(22)0478

JR北鎌倉駅下車すぐ



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


カスタム検索