鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭



成 福 寺
=鎌倉で唯一の浄土真宗=

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







成福寺


 成福寺は、三代執権北条泰時の子泰次によって開かれた鎌倉で唯一の浄土真宗の寺。

 泰次は、天台宗の僧として裏山の「亀の窟(かめのいわや)」で修行していたが、親鸞の教えを受け、成仏の名をもらい、天台宗から浄土真宗に改宗した。

 木造聖徳太子像は、親鸞から与えられたものと伝わる。

 鎌倉幕府が滅亡後は、住職であった十四代執権北条高時の弟(成円)が寺を追われたことから、70年あまり無住だったという。

 映画俳優で、大船に暮らしていた笠智衆はこの寺に眠っている(参考:小津安二郎邸)。


開山 成仏
開基 成仏
本尊 阿弥陀如来





成福寺
成福寺山門

 茅葺きの山門は「四足門」(しそくもん)と呼ばれるもの。
 四足門とは、二本の親柱の前後に、それぞれ二本の控柱のある門。

 江戸時代初めに、山崎の領主の崇高院が自分の館の門を寄進したものといわれている。

 崇高院は奥平氏の娘といわれているが詳しいことはわからない。

 山崎には「お塔さま」と呼ばれる塔があって、崇高院の墓ではないかといわれている(参考:昌清院)。 


昌清院
昌清院
(山崎)



聖徳太子像

 浄土真宗の寺では、宗祖の親鸞が聖徳太子を敬っていたため、本尊の右側に安置されているという。

 成福寺の聖徳太子像は、16才の太子の像で、親鸞が鎌倉に来た際に与えられたものだと伝えられている。



亀の窟
亀の窟

 成仏は、三代執権北条泰時の子で、「沙門院泰次入道」といわれていた。

 天台宗を学び境内に残る「亀の窟」で修行を積んだと伝えられている。



〜鎌倉と親鸞〜

 東国で布教をしていた師の親鸞は、1232年(貞永元年)、北条泰時の要請によって鎌倉に入り、「一切経の校合」に参加したといわれている(北条政子の十三回忌供養に一切経五千巻の書写が行われ、誤りがないかを照らし合わせる作業を行った。)。

 このとき泰次は、親鸞の弟子となり「成仏」という名をもらったという。

 親鸞は、明王院で行われた北条政子十三回忌供養にも参加したという説もある。


親鸞聖人像



小田原北条氏による弾圧

 鎌倉にも浄土真宗の寺がいくつかあったが、「浄土真宗の寺は、本堂が平地に建ち、挙兵の場となる危険がある」として小田原北条氏による迫害を受けたため、武蔵や三浦に移っていったのだという。

 成福寺も例外ではなく、九世の宗全は、焼き討ちにあい、伊豆国の成福寺に逃れたと伝えられている。


伊豆の国市成福寺
成福寺
(伊豆の国市)

 伊豆の国市の成福寺は、八代執権北条時宗の子・正宗が再興した北条氏の菩提寺。



浄土真宗本願寺派大本山
西本願寺
本願寺(西本願寺)







成福寺忠魂塔
忠魂碑
(東郷平八郎書)



成福寺サルスベリ
サルスベリ
堰橋
堰橋
(せいしく橋)

 成福寺の脇を通る古道は、旧鎌倉街道の「中の道」。

 近くの水堰橋(せいしく橋)では、源頼朝の軍勢が隊列を整えたと伝えられている。



台・小袋谷の散策






成福寺

鎌倉市小袋谷2−13−33
0467(46)3020

北鎌倉駅より徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江の島灯籠 長谷の灯かり


カスタム検索