鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:常楽寺文殊堂

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







常楽寺文殊堂


 常楽寺の文殊堂は、英勝寺より移築された建物。

 秘仏の木造文殊菩薩坐像は「日本七文殊」の一つとされ、1月25日に行われる「文殊祭」に開帳される(県重要文化財)。

 この文殊菩薩の頭は、開山蘭渓道隆が宋より持参し、胴体は自らが作ったものであると伝えられている。





文殊菩薩坐像
木造文殊菩薩坐像

 秘仏の文殊菩薩坐像は、鎌倉時代のもので、宋風彫刻の佳作のひとつ(県重要文化財)。

 寄木造、彩色、玉眼嵌入。


常楽寺文殊祭
文殊祭











常楽寺
常楽寺

 常楽寺は、建長寺の根本といわれてる寺。
 1月の「文殊祭」では、開山蘭渓道隆が宋より持参したという秘仏の文殊菩薩像が開帳される。


鎌倉市大船5−8−29
0467(46)5735

大船駅又は北鎌倉駅から徒歩20分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
今泉・岩瀬・大船

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉まつり 鎌倉:梅の名所
鎌倉桜情報 春旅・鎌倉


カスタム検索