鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



数字で表された鎌倉の名所
鎌倉尼五山

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 鎌倉五山とともに尼寺の格式を表すため制定された。

 現存するのは第二位の東慶寺のみで、あとは廃寺となった。


第一位
太平寺跡
太平寺
(西御門:廃寺)


 源頼朝が妙法尼を開山として創建したと伝えられる。

 戦国時代、住職の青岳尼が鎌倉を離れたことにより廃寺となる。

 太平寺の仏殿は、円覚寺に移築され、舎利殿として使用されている。


第二位
東慶寺
東慶寺
(山ノ内)

 八代執権北条時宗の妻で覚山尼の開山。

 「駆け込み寺」または「縁切り寺」と呼ばれ、江戸時代まで三年修業をすれば離縁できる「縁切寺法」があった。

 現在は尼寺ではない。


第3位  国恩寺(廃 寺)

第4位  護法寺(廃 寺)

第5位  禅明寺(廃 寺)



鎌倉の名所
(数字で表された鎌倉の名所)







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜


カスタム検索