鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



海老名の七重塔
〜相模国分寺跡〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







七重塔


 海老名駅前にある七重塔。

 741年(天平13年)、聖武天皇の「国分寺建立の詔」によって、各国に国分僧寺と国分尼寺が一つずつ置かれた。

 大和国の東大寺と法華寺は、総国分寺・総国分尼寺として位置付けられている(総本山)。
 
 この七重塔は、聖武天皇の詔をうけて建立された伽藍の一部だった七重塔の復元版。実物の約3分の1の大きさで建設された。

 海老名駅の東側500メートルの台地上が相模国分寺跡。

 当時の相模国の国府は平塚にあったと考えられているが、国分寺は海老名に創建された。


海老名七重塔





東大寺
東大寺

 東大寺を開いた良弁は、百済系渡来人の後裔ともいわれている一方で、相模国で出生したとも伝えられている。

 鎌倉では、「由比の長者」と呼ばれた染屋時忠の子とも伝えられ、神奈川県伊勢原市の大山寺を開いたのも良弁だという。











相模国分寺跡
相模国分寺跡

海老名駅の東側約500mの台地上にある。七重塔や金堂の基壇が復原され、当時の伽藍配置をうかがい知ることができる。


聖武天皇が発した国分寺建立の詔と相模国分寺(okadoのウログ)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索