鎌倉手帳(寺社散策)

相模川の橋供養(茅ヶ崎市)
旧相模川橋脚

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







旧相模川橋脚


 1198年(建久9年)12月27日、武蔵国稲毛(川崎市)を領していた稲毛重成が、亡き妻の供養のため、相模川に架けた橋の落成式が源頼朝も参列し行われた。

 頼朝は、橋の渡り初めを行い、その帰路落馬してしまう。

 その怪我が原因で翌年1月13日に亡くなったとされ、『吾妻鏡』にも橋供養の帰りに落馬し程なく亡くなったことが記されている。

 重成の妻は、北条政子北条義時の妹だった。


源頼朝の御家人・・・武蔵国の武将:稲毛重成(okadoのブログ)

妻の死と出家と橋供養と頼朝の死〜稲毛重成〜(okadoのブログ)





 旧相模川の橋脚は、地中に埋まっていたが、1923年(大正12年)の関東大震災で浮かび上がってきた。

 『吾妻鏡』などの記録から、相模川に架けられた橋の遺構とされ、国の史跡に指定されている。

 2013年(平成25年)には国の天然記念物にも指定された。

 確認された橋脚は10本。

 橋脚の間隔から、橋幅約9メートル、長さ40メートルを超すものであったと推測されている。


旧相模川橋脚
関東大震災で出現した橋脚

 橋脚はヒノキ製で、2メートル間隔の3本1列の橋脚が、10メートル間隔で4列であったと推定されている。

 2003年(平成13年)の調査まで本物が並んでいたが、腐食が激しいため、現在は模造の橋脚が池に配置されている。

 この橋の確認によって、相模川は現在より東方を流れていたことが判明した。

旧相模川橋脚







〜頼朝落馬伝説と義経亡霊伝説〜

弁慶塚
リンクボタン弁慶塚
鶴嶺八幡宮
リンクボタン鶴嶺八幡宮

 源頼朝の落馬の原因は、鶴嶺八幡宮の前で源義経の亡霊が現れたためだという。

 鶴嶺八幡宮参道の弁慶塚は、義経一族の霊を慰めるために建てられた。

茅ヶ崎・龍前院
リンクボタン龍前院
茅ヶ崎・御霊神社
リンクボタン御霊神社

 龍前院にある10基の五輪塔は、源頼朝の落馬の責任をとって自害した警護の者10名の墓ともいわれている。

 御霊神社には源義経が祀られている。


源頼朝落馬の地
リンクボタン頼朝落馬の地
(藤沢市)
源頼朝の墓
リンクボタン源頼朝墓
(鎌倉市)


okadoのブログ

相模川の橋供養〜源頼朝の落馬と死〜

白旗神社例祭〜源頼朝の命日〜

北条政子の頭髪曼荼羅〜源頼朝の一周忌〜






歴史めぐり源頼朝



旧相模川橋脚
旧相模川橋脚

「茅ヶ崎駅」下車
「平塚駅行き」バス「町屋」または「今宿」下車


源頼朝をめぐる茅ヶ崎



源頼朝をめぐる・・・茅ヶ崎MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

かまくら「長谷の市」 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ