鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



宿老13人の合議制
〜源頼家の時代の政策〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 源頼朝が死去すると、嫡男頼家が家督を相続するが、1199年(正治元年)4月12日、北条時政政子によって頼家の訴訟親裁が停止され、宿老13人による合議制によることが決定された。

 頼家が若年であるとの理由から執られた措置のようでもあるが、頼家の乳母夫比企氏と北条氏の対立など、幕府の実権争いが深くにあったものと思われる。

 この決定に反発した頼家は、小笠原長経、比企宗員、比企時員、中野能成らの近習5人を指名して、この5人に手向かってはならず、この5人でなければ目通りを許さないという決定を下している。

 その後の1203年(建仁3年)8月27日、頼家が病床についた際に、日本国総守護職と関東28か国の地頭職を頼家の長子一幡に、関西38か国の地頭職を千幡(源実朝)に譲る決定が下される。

 その後間もなく起こるのが比企の乱


北条時政という武将(okadoのブログ)

二代将軍源頼家(okadoのブログ)





〜宿老13人〜

北条時政 ・・・ 初代執権。
源頼家の外祖父

北条義時 ・・・ 北条時政の嫡男。
のちに二代執権となる。

大江広元 ・・・ 政所別当

三善康信 ・・・ 問注所執事

中原親能 ・・・ 公家出身の御家人
政所公事奉行

三浦義澄 ・・・ 三浦大介義明の嫡男。

八田知家 ・・・ 1203年(建仁3年)、阿野全成を討った(阿野全成の誅殺)。

和田義盛 ・・・ 侍所別当
1213年(建暦3年)の和田合戦で滅亡

比企能員 ・・・ 頼朝の乳母比企尼の養子
頼家の乳母夫
1203年(建仁3年)の比企の乱で滅亡

安達盛長 ・・・ 頼朝の乳母比企尼の娘婿。

足立遠元 ・・・ 足立氏の祖
安達盛長の甥に当たる。

梶原景時 ・・・ 頼家の乳母夫
1199年(正治元年)失脚、翌年討死

二階堂行政 ・・・ 政所執事



 13人による合議制の措置は、のちに三代執権北条泰時が設置する「評定衆」に引き継がれていった。


北条泰時の政治・・・連署と評定衆の設置(okadoのブログ)






鎌倉幕府の政策(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索