鎌倉手帳(寺社散策)

評定衆の設置
〜北条泰時の政策〜

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







 1225年(嘉禄元年)、三代執権北条泰時は、執権連署の下に「評定衆」を設置し、11人の者が選ばれた。

 名目的な将軍に代わって、有力御家人の合議によって政務及び訴訟を行うというもの。

 1249年(建長元年)には、五代執権北条時頼によって、「評定衆」の下に「引付」が設置されている。

 「評定衆」は、1199年(正治元年)の将軍独裁政治から宿老13人の合議制への決定がその原型とされている。

 鎌倉時代の後期になって、北条得宗家による政治が行われるようになると評定衆は形骸化していった。





〜評定衆11人〜

中原諸員 三浦義村 二階堂行村

中条家長 三善康俊 二階堂行盛

三善倫重 後藤基綱 三善康連

佐藤業時 斎藤長定

※評定衆の長は執権


北条泰時の政治・・・連署と評定衆の設置(okadoのブログ)

北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜(okadoのブログ)

得宗専制政治を確立した北条時頼(okadoのブログ)






鎌倉幕府の政策(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索