鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



六波羅探題の設置
〜北条義時の政策〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 「六波羅探題」とは、1221年(承久3年)の承久の乱後、朝廷の動きを監視するため、京都に設置された鎌倉幕府の出先機関。

 北条泰時と北条時房をそれぞれ六波羅の北と南に駐留させたのが始まり。

 六波羅探題の設置によって、これまでの京都守護は廃されている。

 六波羅探題には、北条一族の中でも特に有望視された者が就任し、執権連署に次ぐ重職で、朝廷の監視のほかに、裁判、京都周辺の治安維持なども行った。


源実朝の暗殺と倒幕を企てた後鳥羽上皇〜承久の乱〜(okadoのブログ)



六波羅蜜寺
六波羅蜜寺

 京都の六波羅蜜寺の境内には、平清盛をはじめとする平家一門の屋敷が建ち並んでいた。

 鎌倉幕府が朝廷を監視するために設置した六波羅探題の役所は、平清盛邸を改築したもの。





〜六波羅探題を務めた主な者〜

北方

北条泰時
得宗家

二代執権義時の嫡男。
のちの三代執権。


北条時氏
得宗家

四代執権経時、五代執権時頼の父。


北条重時
(極楽寺流)

二代執権義時の三男。五代執権時頼のときに連署


北条長時
(極楽寺流赤橋氏)

北条重時の子。のちの六代執権。


北条義宗
(極楽寺流赤橋氏)

長時の嫡男。二月騒動では南方の北条時輔を討った。


北条時村
(政村流)

七代執権政村の嫡男。


北条貞顕
(金沢流)

十三代執権基時のときに連署。のちの十五代執権。
南方

北条時房
(時房流)

初代執権時政の三男。三代執権泰時のときに連署


北条時輔
得宗家

五代執権時頼の長子。
八代執権時宗の義母兄。
 二月騒動で北方の北条義宗に討たれた。







東福寺六波羅門
六波羅門

 京都の東福寺六波羅門は、六波羅探題から移築されたものと伝えられている。

 門には、1333年(元弘3年)5月7日に足利高氏(尊氏)が六波羅探題を攻撃の際の矢庇のあとが残されているという。

 六波羅探題は、この攻撃によって陥落した(参考:鎌倉幕府の滅亡)。





鎌倉幕府の政策
(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント

カスタム検索