鎌倉手帳(寺社散策)

星 谷 寺
〜坂東三十三箇所八番〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







座間星谷寺


 座間市の星谷寺(しょうこくじ)は、奈良時代に行基が自ら彫った聖観音像を建てた堂宇(星の谷観音堂)がその始まりという。

 真言宗大覚寺派の寺院で、坂東三十三箇所第八番札所。 


坂東三十三観音〜神奈川県の札所〜





座間星谷寺
梵鐘

 嘉禄3年(1227年)の銘のある梵鐘。

 全国で50番目、関東以北では2番目に古い鐘で、国の重要文化財に指定されている。

 鐘を撞く際の撞座が1ヶ所のみであることから、江戸時代より「奇鐘」として知られていた(通常、撞座は2ヶ所)。

 佐々木信綱による寄進。

 信綱は、源頼朝の挙兵の際に活躍した佐々木四兄弟の一人定綱の四男(参考:早川城址)。

 参考までに、日本最古の鐘は京都の妙心寺法堂に置かれている鐘、関東最古の鐘は土浦市の等覚寺の鐘とされている。 











座間星谷寺
星谷寺

神奈川県座間市入谷3−3583

小田急電鉄座間駅から徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

ヒガンバナ 腰越みなとまつり
秋の施設公開 光明寺お十夜