鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭



源範頼の墓
〜伊豆:修善寺〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







源範頼の墓


 伊豆修善寺にある源範頼の墓。

 1193年(建久4年)、源頼朝に謀叛の疑いをかけられた源範頼は、修禅寺信功院)に幽閉された。

 その後、梶原景時に攻められ自刃。

 (参考:源範頼の謀叛  太寧寺 薬王寺(横浜市金沢区))



〜源範頼〜

 源範頼は、源頼朝の異母弟。

 母は遠江国池田宿の遊女だったといわれている。

 1159年(平治元年)の平治の乱後、藤原範季に養育されたことから、その一字をとり「範頼」と名乗った。

 源平合戦(治承・寿永の乱)で源義経とともに頼朝の代官として活躍している。

 しかし、1193年(建久4年)、頼朝が催した富士裾野の巻狩りの際に起こった「曽我兄弟の仇討ち」をきっかけに失脚してしまう(参考:相模の武将:曽我兄弟)。

 『吾妻鏡』によれば・・・

 「曽我兄弟の仇討ち」は5月28日に発生。頼朝は無事だったが、鎌倉には「頼朝も討たれた」という誤報が伝わる。

 心配する北条政子に対して範頼は「私がいるから心配ない」と言ったのだという。

 しかし、この言動が頼朝から謀叛の疑いをかけられてしまう。

 8月2日、範頼は疑いを晴らすため、頼朝に起請文を提出するが、起請文の署名に「源範頼」と記してしまう。

 この事に頼朝は「源家の一族と思っているのだろうが、すこぶる思い上がりである」といって激怒したという。

 さらに、8月10日には、範頼の家人当麻太郎という者が頼朝の本心を確かめようと頼朝の寝室の床下忍び込むという事件が発生した。

 ますます立場の悪くなった範頼は、8月17日、伊豆修禅寺に幽閉され、間もなく梶原景時に攻められ自刃したと伝えられている。



信功院跡
信功院跡


 伊豆に流された源範頼は、修禅寺の八塔司の一つ信功院に幽閉された。

 日柄神社の参道には、信功院跡に建てられた庚申塔が残されている。

 ※鹿山には、異母弟の源義経の像」が置かれている。







源範頼墓 源範頼墓



〜源範頼の伝説〜

 源範頼には、修禅寺を逃れて生き延びたという伝説が各地に残されている。

 埼玉県北本市の石戸蒲ザクラは、落ち延びた範頼の杖が根付いたものといわれ、横浜市金沢区の太寧寺は範頼が自害した寺と伝えられている。

 その他、埼玉県吉見町に隠れ住み子孫が吉見氏として続いたという説などがある。


石戸蒲ザクラ
石戸蒲ザクラ
(北本市)
横浜:太寧寺
太寧寺
(横浜市金沢区)



源頼朝の弟範頼(okadoのブログ)

稲瀬川の桟敷・・・源範頼の出陣(okadoのブログ)









修禅寺
修禅寺

 「修善寺」という地名は、弘法大師によって開創された修禅寺をその由来としている。


静岡県伊豆市修善寺964

伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」より
修善寺温泉行バス。
「修善寺温泉」下車



修禅寺歴史めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江の島灯籠 長谷の灯かり


カスタム検索